国内

特殊詐欺で得たカネで開かれたラーメン屋や高齢者施設の末路

2015年、特殊詐欺グループのアジトから押収された名簿や固定電話など。摘発や逮捕に至った特殊詐欺犯は、氷山の一角(イメージ、時事通信フォト)

2015年、特殊詐欺グループのアジトから押収された名簿や固定電話など。摘発や逮捕に至った特殊詐欺犯は、氷山の一角(イメージ、時事通信フォト)

 特殊詐欺の被害額はピークの2014年時点で500億円超だが、ほとんどが被害者に弁済されることなく、この世のどこかへ消えている。その金は、いったい何に使われていったのか。ライターの森鷹久氏が、犯罪収益の使い道についてレポートする。

 * * *
 いわゆるオレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の認知件数や被害額は、平成終盤をピークに右肩下がりの傾向にある一方で、依然として年間一万件以上の事案が報告されている。テレビニュースや新聞等では、特殊詐欺犯人が検挙されたと毎日のように報じているが、実は逮捕されるのは特殊詐欺に手を染めた大多数のうちの、ごく一握りだ。では、法で裁かれないまま特殊詐欺の世界から離れた人たちは、法で裁かれずとも反省して自分を律して生きているのかといえば、「更生」とはそんなに簡単なことではないらしい。真面目に生きて仕事をしているふりをしながら、平然と給付金や協力金を詐取するという反社会的行為をして、再び逃げおおせようとしている。

「ああ、詐欺ラーメンね」

 千葉県内の繁華街──次々にお客さんが入っていくラーメン店を眺めながら、現在は土木作業員として働く男性・トヨミ氏(仮名・40代)は苦笑交じりに言った。視線の先にあるラーメン店の経営者は、逮捕こそされなかったが、特殊詐欺グループを率いていたことで知られた男なのだと明かす。トヨミ氏は、以前の仕事や遊び仲間たちとの繋がりから、羽振りがよかった彼が何を生業にしているのかを知ることになった。

「ラーメン店店主は元々地元の暴走族で半グレ。10人ぐらいのグループでリフォーム詐欺やオレオレ詐欺をやって、相当儲かったと聞きました。彼が駒として使っていた受け子は何人かパクられましたが、リーダー格だった彼まで捜査の手が及ぶことはなく、5年ほど前に詐欺からは一切手を引き、飲食をやると言ってたそうですよ」(トヨミ氏)

 現在40代とみられるラーメン店店主は、30代の頃に詐欺で荒稼ぎし、地元暴力団などにも「上納金」を納め、反社組織とも友好関係を築いていた。好調に稼いでいたので、しばらく詐欺を生業にするものだと思われていたが、周囲で逮捕者が続出すると、逃げ出すように足を洗った。その後、現在のラーメン店を開いたのだが、その開店資金となったのはもちろん、詐欺で得られた金だと言われている。一見すると、真面目になったふりをしているようにも見えたが、男を信用してはならないと、トヨミ氏と親しい人たちは見ていた。

「以前、過去を知るチンピラが恐喝したそうなんですが、もう今は一般人だからと開き直り、警察に逃げ込んだ。逮捕されてないだけの詐欺師のくせに、その件をSNSで公開していて被害者だと強調していて呆れましたよ。しかも、詐欺をやっていた過去は”ウソ”と触れ回っているようです」(トヨミ氏)

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン