『マルモのおきて』出演時は6才だった

『マルモのおきて』出演時は6才だった

 その中で、芦田が進学先に選んだのは、有名私大の附属中学校だったとされる。

「その後、エスカレーター式に附属高校に進学したそうです。大学附属なので、そのまま大学に進学する予定と聞いています。優秀な生徒ばかり集まる学校の中でも愛菜ちゃんは特に成績優秀で、教師も一目置く存在だと言います」(前出・スポーツ紙記者)

 学業の傍ら、2018年後期の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)でのナレーションをはじめ、2020年の映画『星の子』や今年6月公開の映画『メタモルフォーゼの縁側』に主演するなど、役者としてもますます存在感を発揮している。

 芸能活動を続けながらも、成績はいつもトップクラス、華麗な二刀流の芦田の進学先として盛んに報じられたのが「医学部」だったが、関係者によれば医学部は誤報で、志望学部への進学に向け着々と準備中だという。その進学先は気になるところだが、実は芦田が通う附属高の母体となる大学は、冒頭で鈴木が合格を成し遂げたX大学なのだ。

「中学校への進学時、私立に合格した愛菜ちゃんの一方、福くんは地元の中学へ進学しました。当時はまだ無邪気な子供でしたが、愛菜ちゃんの聡明さに憧れる部分が徐々に大きくなっていったんでしょう。次第に自分も新しいことをどんどん学び、自分の目標や選択肢を広げていきたいと具体的に考えるようになったそうです」(前出・芸能関係者)

 X大学は都内をはじめ、関東近郊に複数キャンパスを持っており、学部によってキャンパスが異なる。

「福くんが合格したY学部の大きな特徴は自由度の高さ。必修科目が少ないので、自分の興味のある分野を幅広く学べるメリットがあります。変容のスピードが速い今の社会においては、専門学部で1つのことをじっくりではなく、さまざまな分野の勉強を複合的にできるY学部の人気が年々増しています。

 愛菜ちゃんがY学部に進学するかどうかはわかりませんが、福くんとの“名門キャンパスでの再会”となったら素敵ですね」(前出・芸能関係者)

 来春、桜の季節に、2人のキャンパスライフが始まる。

※女性セブン2022年12月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン