国内

《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応

玄関のインターフォンにうつる配達員男性

玄関のインターフォンにうつる配達員男性

「あの日以来、帰宅するときは周りを見渡してからでないと部屋に入れなくなりました。部屋の中にいても外で小さな物音がするだけでビクッとなったり、怖くてベランダで洗濯物を干すこともできなくなりました。一刻も早く引っ越したいのですが、日々の生活で手一杯ですぐにはできません。平穏だった生活が壊され、本当に悔しいです」

 NEWSポストセブンの情報提供フォームに寄せられたのは、デリバリーサービス「出前館」の配達員男性からの迷惑行為で「毎晩、怖くて眠れない」というAさんの悲鳴だった。

 現在、愛知県名古屋市に住むAさん(40代)は、アパート1階の部屋で小学生の子どもと暮らすシングルマザーだ。

「介護関係の仕事をしており、帰りが遅くなった時や、雨の日に月に1、2回ほど出前館を利用していました。私は車の運転もできないので、子どもの好きなピザやパスタなどを手軽に注文できて出前館は本当に便利でした。でも、もう利用していません……」(Aさん)

 育児に欠かせなかった宅配サービスを辞めざるを得なくなったAさんが、恐怖体験の一部始終を振り返る。

「7月16日の午後2時頃にいつも通り出前館でパスタを注文し、15時半過ぎに商品が届きました。しかし、夕方に予定があったので外出しようと玄関へ向かったところ、玄関にメモが落ちているのを見つけました。メモを手に取ってみると、なぐり書きのような文字が書かれていました」(同前)

《なんだか、ひとめぼれしました。TEL080−××××−×××× すみません。》

 Aさんから見せてもらったメモには宛名も差出人の名前もなかったが、明らかに好意を寄せるような内容だった。Aさんが続ける。

「配達後、家には誰も出入りしていなかったので、メモを投函したのはすぐに配達員の方だと思いました。家の外にあるポストではなく、玄関に備え付けられたポストからメモが投函されていて、手を差し込んで入れたのかもしれないと思うと、余計に気持ち悪さを感じました。配達員の方と接触したのは数秒で、フードの受け渡しの時に『ありがとうございます』と会話しただけで、顔も覚えていません」

 その後、Aさんが自宅のインターホンを確認すると、出前館の帽子を目深に被って顔を隠すように映る配達員の男性が記録されていた。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン