デリバリーサービスで急増するトラブル

配達員の男性が残したメモ

配達員の男性が残したメモ

 コロナ禍で外食を控える人が多いなか、スマホのアプリをタッチすれば、食べたいご飯が数十分で自宅に届くデリバリーサービスの需要は拡大を続けている。一方で、近年はAさんのように配達員と客との間でトラブルも急増している。全国紙社会部記者が語る。

「2021年1月にウーバーイーツの配達員だった38歳の男が帰宅途中の女子高生をスタンガンで脅そうとして、強制わいせつ未遂で逮捕されました。複数の防犯カメラに配達バッグを背負った男が映っており、配達をしながら女性を物色していたようです。

 今年11月にも配達員が低評価をつけられた女性宅を再訪し、玄関のドアにカレーをまいたとして住居侵入容疑で逮捕されました。便利なサービスですが、個人情報などのセキュリティにかかわる問題も浮上しています」

 身の危険を感じたAさんは勤務先の上司に相談。心配した上司が出前館に連絡をしたが、出前館の対応は想定外のものだったとAさんは語る。。

「上司から出前館に、『本人(配達員の男)を問い詰めると、逆上して何をするかわからないので、責任者と慎重に話を進めたい』と伝えてもらいました。すると、7月25日に出前館から連絡があり、『本人に確認したところ“もう行きません”と言っています。個人情報の記録も配達員はもう見ることはできません』とのことでした。報復が怖いから慎重にとお願いしていたのに、勝手に出前館側が配達員の男性に連絡してしまったのです。配達員の男性は自宅と私の名前と顔、電話番号も知ってしまっています。とても軽率な行動だと思います」

 Aさんは「謝罪をしたい」と話していた出前館からの連絡を待ったが、数日経っても連絡はなかった。仕方なくAさんから出前館に問い合わせたところ、返ってきたのは耳を疑う担当者の発言だった。

「担当者は本部からの通達を読み上げる感じで『配達員とは業務委託の契約なので出前館としては責任は持ちません。何か被害があるのでしたら、警察へ行ってください』と、一方的に言ってきました。最近はフードデリバリーの事件が多いので、すべてに会社が対応していたら大変なのはわかりますが、『出前館』という看板を背負わせているのですから、責任はあると思います。

 私は出前館を信頼して利用していました。配達員ももちろん許せませんが、業務委託だからといって、開き直る出前館の姿勢も許せません。こちらだけが怖い思いをして泣き寝入りするしかなく、本当に悔しいです」

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン