スポーツ

原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)

 リーグ連覇を達成し、ヤクルトを下して26年ぶりの日本一に輝いたオリックス。打線の中軸を担った吉田正尚がポスティング・システムでメジャー挑戦を目指したことで戦力ダウンは必至だったが、FAで西武・森友哉の獲得に成功した。スポーツ紙デスクが移籍の経緯を振り返る。

「巨人が獲得に向けて調査をしていたが、森は興味を示さなかったようです。オリックスとは早い段階で相思相愛でしたね。森が入団会見で、自分に合ったチームカラーで、伸び伸びできる環境でオリックスを選んだと話していたことが印象的でした。オリックスは若手を中心にベンチに活気があるのに対し、巨人は原辰徳監督の顔色を窺って選手たちがプレーしているように感じる。最近の選手たちは金銭面ではなく、自分が輝ける環境を重視している。巨人が他球団の4番打者やエースを好条件で集めていた一昔前とは時代が違います」

 原監督は10月下旬に球団OBの岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」にゲスト出演した際、「我々のチームの若手、あるいはドラフト。そういうことでチームを作っていこうとやってきたんですけど、やっぱりなかなかそれだけでは若い連中を伸ばす、色んなことがあるがそれだけではなかなか無理だと」と語った上で、「外国人にしても、戦力補強という点においては非常に重要な作業だと思いますね。今までジャイアンツはほとんどお金を使ってないから、今年は少し戦力補強という点で少々貯金もあるようなので使ってくれるということです。楽しみに」と予告していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン