芸能

『鎌倉殿の13人』「殺し屋・善児を代表作にしてください」梶原善が戸惑った三谷幸喜からのメール【『鎌倉殿』出演者リレーインタビュー】

三谷幸喜氏に“代表作にしてください”と言われ「当初は戸惑いましたよ(笑)」と話す梶原善

三谷幸喜氏に“代表作にしてください”と言われ「当初は戸惑いましたよ(笑)」と話す梶原善(C)NHK

 12月18日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で梶原善さん(56)が演じた「善児」は、架空のキャラクターながら強烈なインパクトを与えた一人だ。脚本の三谷幸喜氏に「オンエア前から、梶原善が演じる殺し屋は絶対に面白いキャラクターになる自信があった。でも蓋を開けてみると、予想以上に評判になってしまった」(NHK大河ドラマ・ガイド 鎌倉殿の13人 完結編/NHK出版)と言わしめるほどの刺客・善児。 役名からして梶原善さんを念頭に造形されたキャラクターとも見られているが、演じたご本人はどのように感じていたのだろうか。

「オファーを頂いた後に三谷さんから“代表作にしてください”みたいなメールをもらったんですよ。ただその時はまだ、第5回くらいまでの台本しか手元になくて。第1回で、源頼朝(大泉洋)と八重(新垣結衣)の子供である幼い千鶴丸様を殺める。というのを読んでいただけだったので、これをどう代表作にすればいいのかと、当初は戸惑いましたよ(笑)。

 とにかく人がたくさん死ぬドラマです。なかには誰が殺めたのか、歴史上はわかっていない人も多い。その部分を埋めるために、三谷さんは善児という架空のキャラクターを作り上げて、登場させたということなんですね」

 架空のキャラクターだからこそ、演じる側の解釈によってキャラクターはいかようにも姿を変える。はじめは伊東祐親(浅野和之)、そして頼朝亡き後は北条義時(小栗旬)に命じられるまま、あたかも無感情に人を殺め続ける善児は視聴者の「怖いもの見たさ」を駆り立てることになる。番組オープニングの出演者テロップに梶原善の名前があると、ツイッターなどのSNSが盛り上がった。

「僕はあんまりネットで自分自身の批評とか、番組の評判などを見ないので、全然知らなかったんですけど、それも三谷さんに教えてもらいました。『ツイッターで騒がれていますよ』とかね」

 SNSでは本気で戦えば善児が一番強いのではないか──と「善児最強説」などのキーワードが踊った。

「善児はお侍じゃないから、殺陣も武士のようにはやりませんでした。三谷さんからは“殺気立って人を殺すような感じにはしないでほしい”というアドバイスがありました。だから演じる僕としては、殺しを雑務のひとつというか、殺してしまう彼、彼女らに対して全く何の感情もなく、ただモノとして片付けていくっていう力の抜き方で処理する。

 善児にとってその仕事は何の策略もないし、目標もないし、ただ言われたから片付けているだけという意識で演じました。だから短刀を抜いたときにキリッと型を作る、といったことはやらないようにしました。どう表現すればいいのかな……物をバサっと捨てるような、見えないところに片付けちゃうような力の抜き方ですね。

 そうした設定は、回を重ねる毎にだんだんと気づいてきた。善児の場合は、あまり型にはまった構えはないほうがいい。台所にある包丁をぶら下げているようなところから、すっと突き出すほうが善児らしいだろうと、変に構えるとお侍さんみたいになってしまう。そう、だんだんと気づいてきて、少しずつ修正していきました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

幅広い世代を魅了する綾瀬はるか(時事通信フォト)
《SixTONESジェシーと真剣交際》綾瀬はるかの「塩への熱いこだわり」2人をつなぐ“食” 相性ぴったりでゴールインは「そういう方向に気持ちが動いた時」
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン