芸能

天海祐希『緊急取調室』2023年6月公開劇場版で完結 大杉漣さん不在で苦渋の決断

主演する『緊急取調室』2023年公開の劇場版で完結となる、天海祐希(写真は11月)

主演する『緊急取調室』2023年公開の劇場版で完結となる、天海祐希(写真は2022年11月)

 密室で行われる被疑者との緊迫した取り調べシーンが人気の天海祐希(55才)主演ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)。2023年6月に公開される劇場版で、シリーズが完結することが発表された。2014年1月に第1シーズンが放送されて以降、これまでに連ドラとして4シーズン、スペシャル版も複数制作された人気シリーズだ。

「通称“キントリ”と呼ばれ、テレ朝にとっては『相棒』や『科捜研の女』、『ドクターX~外科医・大門未知子~』 などと並ぶ人気作。できれば長寿シリーズとして残したかった。ただ、2022年の初頭あたりから、“キントリの第5シーズンは難しいのでは?”と囁かれていました」(テレビ朝日関係者)

 その背景には、座長という大役を務める天海の深い思慮があるようだ。

《出演ドラマの長期シリーズ化を避けてきた》

 2019年の第3シーズン放送前、天海は『ORICON NEWS』のインタビューでそう語っていた。

「シリーズものとなるとどうしても仕事のスケジュールに制限がかかることがあり、そのスケジュールに合わせて休みを入れたり、ほかの仕事をしなければならなくなる。複数の仕事を同時進行する俳優もたくさんいますが、天海さんのように1つの作品に全力投球するタイプの人には、体力面も含めてなかなか難しいと感じていたのかもしれません」(芸能関係者)

 加えて、周囲の状況も影響した。第2シーズンまでレギュラー出演した大杉漣さん(享年66)が、2018年に急死したのだ。

「天海さんのショックは相当なものでした。彼女自身も以前心筋梗塞を起こしたことがあり、人一倍健康には気をつけていて、大杉さんと現場で健康法や食べ物の話題などで盛り上がっていました。実際、大杉さんはお元気でしたから、急性心不全での突然の訃報はなかなか受け入れられなかったんでしょう。その後もシリーズは続きましたが、大杉さんの不在は大きかった。

 シリーズに出演を続けるでんでんさん(72才)や小日向文世さん(68才)も年を重ねており、2人の体調を天海さんが気遣ったりする様子も見られました」(前出・テレビ朝日関係者)

『緊急取調室』の面々がこれまでに取り調べてきた被疑者はおよそ100名。劇場版で最後に対峙するのは、「内閣総理大臣」だ。天海の仕掛ける心理戦がクライマックスを迎える。

※女性セブン2023年1月5・12日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン