国内

山上徹也被告「事件の報じられ方」に関心 鑑定留置長期化は“世論の沈静化”が狙いか

(共同通信社)

逮捕時の山上被告。2022年7月(共同通信社)

 世界中を震撼させた事件から半年が経った。山上徹也被告(42才)は異例ともいえる長期の鑑定留置を終え、殺人罪と銃刀法違反で起訴された。拘置所では何を話し、どんな生活を送っていたのか。

「昨日(1月11日)面会してきましたが、健康状態は問題なさそうです。これまでの半年で本はたくさん読んでいると思いますよ。彼がどんな本を差し入れとして希望したか? 『歴史書』とか、そんな感じです」。

 こう話すのは、1月13日に安倍晋三元首相(享年67)を殺害した罪で起訴された、山上被告の弁護団のひとり、古川雅朗弁護士だ。現在、山上被告に面会できるのは3人の弁護士で構成される弁護団と一部の親族のみ。古川さんが面会した山上被告の様子とともに語ったのは、これから始まる裁判について。悩ましい表情でこう続けた。

「初公判がいつになるかは、まだわからないんです。裁判の前に、事件の争点や証拠などを確認する公判前整理手続きがこれから行われますが、その手続きだけで1年以上かかる可能性も大いにあります。結審までは、さらにそこから数年かかるとみています」

 戦後史に刻まれる大事件から半年。止まっていた時計の針が動き出したように見えたが、その動きは遅い。そんな中、山上被告本人の「肉声」が伝え漏れてきた──。

 昨年7月8日、山上被告は奈良県内で遊説中だった安倍元首相を手製の銃で殺害した。「逮捕後の供述によれば、山上被告は母親が旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に1億円を超える献金をしたことで家庭が崩壊し、教団に恨みを募らせるようになった。教団の活動を国内で広めたのが安倍氏だと考え、襲撃の対象に選んだと話しています」(捜査関係者)

 この供述により、世間は旧統一教会と政界の結びつきに注目。教団と関係してきた国会議員は責任を問われ、宗教信者を親に持つ「2世」の境遇も問題視されるようになった。昨年12月には宗教法人などによる悪質な寄付の勧誘行為を規制する「被害者救済法」も成立した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン