芸能

堀田真由『鎌倉殿』に続き『大奥』にも抜擢 時代劇で重用される背景に「所作の盗み方」

女優・堀田真由の魅力とは

女優・堀田真由の魅力とは

 1月10日からスタートしたNHKドラマ10『大奥』で主人公に抜擢された女優の堀田真由(24)。漫画家・よしながふみ氏原作の同作は、若い者だけが罹患する奇病「赤面疱瘡」の蔓延により男性人口が激減する中、三代将軍家光も死去してしまうところから物語が始まる。

 そこで幕府の存亡を危惧する春日局(斉藤由貴・56)が家光の死を隠すため、家光の隠し子であった女児を攫い、身代わりの「家光」として擁立。世継ぎを産ませるために美男3000人を揃えた豪華絢爛の大奥を開く──という設定だ。この「男女逆転の大奥」で、堀田は身代わりとなった主人公「女将軍・家光」を演じる。

 堀田といえば昨年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主人公・北条義時(小栗旬・40)の2番目の妻・比奈という重要な役を務めた。同作では権力闘争を広げる実家の比企家と夫・義時の北条家との間をつなぐ懸命な女性を演じ、好評を博した。

 なぜ立て続けに時代劇の大役として、堀田に白羽の矢が立ったのか。芸能関係者が話す。

「堀田さんはもともと佐藤健さん(33)主演の映画『るろうに剣心』を観て感動し、芸能界を志したという根っからの時代劇好き。

 これまでも映画『超高速!参勤交代リターンズ』(2016年)や、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(2021年)など多数の時代劇に出演。昨年のNHKの正月時代劇『幕末相棒伝』では、ヒロイン・おしの役にも抜擢されています。

 同年代の女優たちよりはるかに多くの時代劇に出演しており、その際に他の出演者たちの“所作”を目で盗んでいる。だから覚えが異常に早いといいます。

 今回の『大奥』の『男子として振る舞う女将軍』という役どころでも、『座るときの股の開き方』や『男性は立つときには床に手をつかない』など、これまでに参加した現場で見てきた『武士の振る舞い』を完璧に再現している。

 実はこの『床に手をつかずに座ったり立ったりする』というのは、小栗さんに密着した『プロフェッショナル仕事の流儀』(2022年5月3日放送、NHK)で、『鎌倉殿』の撮影の際に小栗さんが練習していたシーンが映されていました。彼は『武士としての自然な立ち居振る舞い』を習得するために、カメラが回っていないところでも毎回その所作を練習していたそうです。堀田さんも小栗さんのこのトレーニングを間近で見ていたのかもしれません。

 そういったこともあってか、堀田さんは時代劇での演技の引き出しが圧倒的に多い。間違いなく今後は大河ドラマの主演も狙える器です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン