国内

覚醒剤逮捕のTBS47歳女性社員が綴っていた“ポエム”な自己紹介「玉手箱のようなテレビを創りたい」

局内は大騒ぎだという(写真/共同通信社)

局内は大騒ぎだという(写真/共同通信社)

 1月23日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いでTBS社員の越智忍容疑者(47)が逮捕された。越智容疑者は使用を認め、仕事上のストレスがあったと供述している。越智容疑者は入社後、技術職としてドラマ制作に携わり、『木更津キャッツアイ』や『華麗なる一族』など2000年代の人気ドラマを手がけた。

 そんな実績のある社員の逮捕を受け局内は騒然としているというが、その裏で越智容疑者が過去に綴っていた、ある“ポエム”が話題になっているという。TBS関係者がこう語る。

「越智さんが1999年4月TBSに入社した際に、社内報に掲載された自己紹介文です。TBSでは毎年、新入社員には自己紹介のスペースが与えられます。書く内容は個人に任されますが、大抵、大学時代に打ち込んだことや、こういう番組を作りたいといったエントリーシートの延長線のような文章です。しかし、越智さんだけ明らかに“違う”んです」

 週刊ポストはその自己紹介文を入手した。フォーマルな格好に身を包んだ越智容疑者の表情はまっすぐカメラを見つめ、自信が窺える。生年月日、出身地、法政大学女子高を経て、法政大学工学部電気工学科を卒業したことが太字で記載されている。話題の自己紹介文はこう始まる。

〈浜辺でいじめられていた所を助けた訳でもないのに、海へ潜ると海亀がやって来て、私を海底へと誘う。大地の上ではのろまと罵られる道先案内人は、思いのほか速いスピードで私を引き離して行く〉

 その後、越智容疑者は海亀に導かれ、龍宮城にたどり着くが、そこにいたのは〈歪な風貌をした深海魚〉。華やかなイメージのはずの龍宮城は、光の届かぬ深い闇にあり、〈私が感じることが出来るのは、彼らの生命の息吹だけである〉という。

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン