芸能

体重117キロおデブアイドルが明かす、中居正広との「唐揚げの思い出」

YouTubeでは、明るく元気な二人が美味しそう食べる飯テロが人気。ファンは圧倒的に女性が多い

YouTubeでは、明るく元気な二人が美味しそう食べる飯テロが人気。ファンは圧倒的に女性が多い

“天使だったけど体重オーバーで地球に落っこちた”をコンセプトに活動する肥満落下系堕天使アイドルユニット「びっくえんじぇる」のメンバーである大橋ミチ子。毎年元日に測定して更新する公式体重は今年、昨年より8キロプラスの117キロを記録したが、もともとは女優を目指し、今の半分以下の54キロの時代もあった。なぜ「おデブアイドル」を志すようになったのか。そこには壮絶な苦悩と自らに課した使命があった。

 約10年前、芸能界に興味を持ち、芸能事務所の養成所に通ってダンスや芝居のレッスンを受けていた大橋をいつも待ちかまえていたのは「体重計」だった。

「養成所に入所した時、最初に先生から言われたのが『体重を落とせ』でした。養成所に体重計が置いてあり、行くたびに測られるんです。ダンスの技術を磨けとは言われず、『痩せなさい』と注意される。当時は体重を落とすためにご飯をまったく食べず、水とヨーグルトの生活を半年ぐらい続けたんです。身長は今と同じ167センチでしたが、体重を60キロから54キロまで落としました」(大橋、以下同)

 当時は気付かなかったが、「今振り返ると、あの頃は拒食症だった」と分析する。痩せてもご飯を食べることができない日々が続いた。

「ところが、ある日、養成所に行く途中にコンビニの前を通りかかると、たまたまドアが開いていて揚げ物の匂いがふわっとしたんですよ。気付いたら肉まんを食べていました(笑)。揚げ物の匂いがして肉まんを食べているのがちょっとおかしいんですけど、半年ぶりのちゃんとしたご飯が肉まんだったんです。泣きながら2個ぱくぱく食べ、“このままでは自分が壊れてしまう”と思い、養成所を辞めることを決断しました」

 だが、試練は続いた。

「ダイエットは止めましたが、当時はまだ、太っている自分はダメなんだ、痩せてなきゃいけないんだと思いがあり、自分自身をなかなか受け入れることができませんでした。反動で過食を繰り返す辛い時期が続き、体重は半年で約80キロに増えました。どうしてこんなに体型のことで悩んでいるんだろう、辛いところから抜け出したい。そうもがいている時に書店でたまたま出合ったのが、今も専属モデルを務めている、ぽっちゃり女子向けファッション雑誌『la farfa』でした」

 誌面には、体型を隠さずにおしゃれを楽しむぽっちゃり女子たちが載っていた。水着姿でポジティブに堂々と写っている女性にも目を奪われた。今まで辛かったのは何だったんだろうと衝撃を受けたという。

「もし自分がこの体型を受け入れるようになったら、人生楽しくなるのかなと思ったのが、おデブアイドルになる第一歩でした。すぐ『la farfa』のモデルに応募し、合格しましたが、そこから私自身の考え方がすごく変わりましたね。この体型も含めて自分を愛していこうと前向きになったのです」

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン