国際情報

韓国で安重根題材の映画『英雄』が大ヒット 行き過ぎた反日感情を感じさせる場面も

2022年12月8日の『英雄』試写会(写真=OSEN/共同)

2022年12月8日の『英雄』試写会(写真=OSEN/共同)

 昨年12月21日に韓国で公開された『英雄』なる映画が、260万人超の観客動員を記録する大ヒットとなっている。題材は伊藤博文を暗殺した安重根(1879~1910年)、つまり「反日英雄」である。

 韓国で名匠として知られるユン・ジェギュン監督の新作映画『英雄』は、安重根義挙100周年の2009年に初演されたミュージカル『英雄』が原作となっている。伊藤博文の襲撃を謀った安重根が、死刑判決を受けて死を迎えるまでの1年を描き、ミュージカルで安重根を演じたチョン・ソンファが映画版でも主演を務める。人気の韓国ドラマ『トッケビ』や『シスターズ』で知られるキム・ゴウンも、物語の鍵となる女官を演じている。

すすり泣く声が響く

 実際に『英雄』を観た漢陽女子大学助教授の平井敏晴氏はこう語る。

「演技派で知られる豪華キャストが揃っているだけあって、演技や歌が素晴らしい。特に主演の俳優は驚くほど安重根に似ていました。重い題材なのにミュージカル映画ということもあって、エンタメとして楽しめるようになっている。女性の観客も多く、すすり泣く声が響いていたのが印象的でした。

 安重根の母親役(ナ・ムニ)は日本でいう赤木春恵さんのようなベテラン女優で、刑務所にいる息子に死に装束を送り、死刑判決に控訴することは大日本帝国に命乞いをすることだから正義のために死を選びなさいと手紙を書く。その母が歌う場面は圧巻で、韓国人なら誰もが泣いてしまうような劇中のハイライトとなっていました」

 だが、行きすぎた反日感情を感じさせる場面もあったという。物語の序盤、「なぜ朝鮮の強制統治に反対されるのか?」と側近に聞かれた伊藤は、韓国を犬にたとえてこのような台詞を口にする。

「犬を手なずけるには2つの方法がある。ひとつはボコボコになるまで殴る。もうひとつはとても可愛がって言うことを聞かせる。今の朝鮮は後者だ。もしそれで出しゃばったことを言い始めたらボコボコに殴ればいい」

 そうした劇中の台詞からは、史実を無視したような歪曲も感じられたと平井氏は語る。

「伊藤博文は朝鮮人だろうが日本人だろうが好みの女性とは関係を持とうとする女好きで野望に満ちた人物として描かれています。当時はまだ使われていなかった『大東亜共栄圏』という言葉が出たり、日本の統治下となったのはもっと後にもかかわらず『日本には満州があるんだ』と口にしたりする。軍国主義の悪い要素をすべて伊藤に集約させてしまい、反日感情を露わに作られた物語ということは伝わります」

 キム・ゴウン演じる架空の女性ソルヒは、伊藤がハルビンを訪れるという機密情報を独立軍に伝える重要人物だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト