芸能

フジテレビ港社長が語る起死回生プラン「“作りたい”人に環境を与えて、あとは軽く野放し」

港さん

港浩一さん

 かつて絶対的な存在だったテレビはいま、その輝きを失ってしまった。インターネットの隆盛などで「テレビ離れ」が指摘されて久しい。2019年にはインターネット広告費がテレビを超え、芸能人の中にもテレビを離れYouTubeなどに活路を見出す人が現れている。テレビが再び、最強のメディアとなる日はくるのだろうか──。

 2022年6月にフジテレビの代表取締役社長に就任したのが、港浩一さん(70才)だ。『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『とんねるずのみなさんのおかげです』など、手がけたヒット作は数知れず。木梨憲武のキャラクター「小港さん」のモデルとしてお茶の間でも有名に。視聴率三冠王を2度(1982〜1993年、2004〜2010年)、フジテレビ黄金期に制作現場で辣腕を振るっていた港浩一さんは、再び頂を目指している。港浩一社長に話を聞く。

 * * *
 年末年始にテレビを見て「テレビってちゃんと見ると面白い」って気づいたかた、少なくないんじゃないかな。各局がしのぎを削るお正月特番も、長く続いている番組が豪華なキャストを投入して、目を引く番組作りをすれば、きちんと視聴率としても結果が出るんですよね。他局ですが『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)や、うちでは『ジャニーズカウントダウン』、『VS魂』が好調でしたね。

 就任以来、次の看板番組を作ろうという号令はかけ続けているんですが、そういう意味で1月からスタートした『ぽかぽか』はフジテレビらしい生放送バラエティーが誕生したと思っています。看板番組にはいろいろな役目があって、若手アナウンサーを活躍させたり、スターを生み出して一緒に育っていくというのも大事なことなんです。それに、この番組では系列局のローカル番組を紹介する役目も果たせればいいなと思っています。サテライトスタジオは見学可能なので、多くのかたに見に来てもらって、お台場の賑わいにもつながればいいですね。

〈2日目にゲストに来たマツコ・デラックスが見学ゾーンの寒風を心配した発言をしたところ、翌日にはストーブを設置。そのスピード感、ノリ、おおらかさには、フジテレビらしさ健在という印象を受けたが、昨今の「テレビ離れ」問題についてはどう捉えているのだろうか〉

 たしかにそういう事実はあります。テレビはこれまで娯楽の王者という立場にありましたけど、インターネットが普及して、限られた時間の中でテレビを見る時間が減っている。ただ、ネガティブなことばかり言っていて、楽しいのかなってちょっと思ったりもするんです。

 たとえば昨年10月期のドラマ『silent』は、TVerやFOD(フジテレビが運営する動画配信サービス)などでの無料見逃し配信が毎話500万超再生という記録破りの数字を成し遂げましたし、FODの有料会員は100万人を超えました。入社3年目の原田和実Dが手がけた『ここにタイトルを入力』など、若手の勢いを感じられる番組も出てきて手応えも感じています。

関連記事

トピックス

にっこりと窓から対応
吉高由里子、恋人の「一般人男性」は年収5000万円のジュエリーブランド御曹司 交際はすでに1年近く
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
ガーシー容疑者、逮捕の裏側 滞在のための条件を無視してドバイ当局が激怒、事実上の強制送還に
女性セブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
亡くなった辰島ありささん
【熊本・布にくるまれた29歳女性遺体】「ありさが何をしたって言うんですか」エレベーター管理会社従業員死亡で、被害者友人が悲痛の叫び
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン
(Getty Images)
エンゼルス・大谷翔平、交流戦で期待がかかる「二刀流で全球団制覇」の新記録 カブス・鈴木誠也との初対決も
NEWSポストセブン
デートは必ず手つなぎで
小室圭さん眞子さん夫妻“マンハッタンよりも治安のいい郊外”の高級マンションに新居か
女性セブン
性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン