芸能

フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂

入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)

入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)

『ボクらの時代』(フジテレビ系、1月22日放送)での、同局の宮司愛海アナ(31)の告白が話題を呼んでいる。

「パンになれなかった……っていうのが、正直あって」
「キャラ付けという意味で、いろいろと仕事しやすくなるのかな、と思って。やっぱり意識していた。同期の男子も“誰がなるんだ?”みたいにはやし立ててきたし」

 フジでは高島彩アナ(43)の『アヤパン』や加藤綾子アナ(37)の『カトパン』など冠番組「パンシリーズ」に起用されることが人気アナへの登竜門とされてきたが、宮司アナもまたこの名前にとらわれていたと明かしたのだ。フジ関係者が語る。

「結果的に宮司アナの代はパンシリーズ自体がなく、2017年の『クジパン』(久慈暁子アナ)を最後に番組は放送されていませんが、彼女がパンの称号に執着していたというのは驚きましたね。どちらかという前に出て行くタイプではなく、勉強熱心でカメラの外で現場取材に熱を入れるアナでしたから」

 番組内で宮司アナは「自分のキャラ設定がわからなくて、入社して3~4年目ぐらいは勝手に苦しんでいた」とも告白。そんな彼女がいまや夕方の帯番組『Live News イット!』のMCを始め、局アナでは珍しい写真集を出版するなど、「盤石のエース」(前出・フジ関係者)と呼ばれるまでになった。なにが宮司アナを変えたのか。女子アナに詳しいライターの島本拓氏が語る。

「きっかけは2018年に夜のスポーツ帯番組『S-PARK』のMCに抜擢されたことでしょうね。それまでは器用貧乏というか、なまじ何でもできてしまうために強みが分かりづらかったのですが、スポーツキャスターの仕事と彼女の実直さがマッチした。球場に足繁く通ってノートを取る姿は、各紙の番記者たちも関心していたほどです。

 さらに東京五輪というビッグイベントを前に、様々な現場取材を重ねて、局内での地位を確固たるものにしました。その経験が現在の夕方のニュース番組に活きているように思います」

“みやパン”にならなかったからこそ手に入れた成功だった。

※週刊ポスト2023年2月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン