スポーツ

【プロ野球記者座談会】WBC後のシーズン「巨人のたっちゃん」原辰徳監督を襲うピンチの数々

原辰徳監督に待ち受ける困難とは?(時事通信フォト)

原辰徳監督に待ち受ける困難とは?(時事通信フォト)

 いよいよプロ野球のシーズンが開幕する。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の熱狂の裏側で穏やかじゃない事態になっていた球団も……。4人の現役記者を「緊急招集」。各球団のリアルな状況を語り合う。ここで巨人について。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
スポーツ紙記者C:WBCでの活躍で、ラーズ・ヌートバー(カージナルス、25)が「たっちゃんブーム」を起こしましたが、巨人の“たっちゃん”こと原辰徳監督(64)はピンチですね。

在阪スポーツ紙在阪デスクB:上手いこと言うな(笑)。確かに正捕手の大城(卓三、30)はWBCの試合にほとんど出場できなかったし、準決勝のメキシコ戦でもポロポロはじいていた。ファームスタートになるんじゃないかな。

スポーツ紙デスクA:開幕投手に名乗りを上げていた菅野(智之、33)は、3月18日の日本ハム戦で先発したが、6回80球を投げる予定のところを右ヒジの張りで21球で降板してしまった。原監督は「しっかり調整してくれているとこっちは思っていたのに」と呆れていたよ。

 WBCの決勝戦で登板した戸郷(翔征、22)も疲労を抜かないといけない。そうなると、新外国人のグリフィン(27)あたりが開幕投手候補になるが、先発ローテーションを組むことすらままならない状況になっている。

スポーツ紙記者D:菅野は直球が140km台前半まで落ち、変化球中心のスタイルにモデルチェンジしています。正直、あまり期待はできないかと……。チーム内では後輩への当たりが強いらしく、そのことを番記者に愚痴としてこぼす選手もいます。かつてのエースがこの状況では、チームが一つにまとまりません。

デスクA:坂本(勇人、34)の状態も明らかにおかしいよな。例年オープン戦の成績は良くないけど、今年は打率0割台で打撃の内容は目も当てられない。迷いながら打っているように感じる。

 今年から就任したデーブ(大久保博元打撃チーフコーチ、56)との相性も悪そうだね。野球評論家・高木豊さんのYouTubeにデーブが出演した時、坂本について「スイングスピードが落ちている」と球団内の機密情報である具体的な数字まで出して指摘していた。坂本もいい気はしないはずだよ。

記者C:デーブコーチが提案して春季キャンプ中に巨人が取り組んでいたアーリーワークも、選手たちから「本当に必要なのか」と疑問の声も聞こえてきます。半ば強制的に全選手にやらせていましたが、選手個々によって、バットを振りたい時間帯は違いますからね。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
5億円減収は「羽生結弦ロス」の影響か「宇野や鍵山でも埋まらない」日本スケート界「エース不在」の苦悩     
NEWSポストセブン
和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
女性セブン
(時事通信フォト)
HIRO社長カムバックのLDH、新任「社外取締役」「監査役」もスゴかった
NEWSポストセブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《MEGUMIと立場逆転》不倫騒動で株を下げた降谷隆志 学ぶべきだった父・古谷一行さんの対応
NEWSポストセブン
イーロン・マスクは何者か「パーティーでひとり寿司」「規格外な金の使い方」「独創的なファッション」…7つの真実
イーロン・マスクは何者か「パーティーでひとり寿司」「規格外な金の使い方」「独創的なファッション」…7つの真実
女性セブン
来季は「川相昌弘監督」となる可能性も(時事通信フォト)
注目集める来季巨人の監督人事 「川相昌弘監督」誕生なら若手を育て上げて勝つ野球を体現できるか
NEWSポストセブン
KEIKOが公開した「アーティスト写真」
【12年ぶり素顔公開】globeのKEIKO、マスク外して完全復活へ 「生配信」にも出演
NEWSポストセブン
佳子さまの髪形やファッションを参考にされていたことも(9月、栃木県那須町。写真/JMPA)
「佳子さまに揺るぎない信頼」の愛子さま 雅子さまは何を思う…“思想”から影響を受ける可能性への憂慮
女性セブン
フレンチフライ(フライドポテト)専門店にいたのは松嶋菜々子と反町隆史(49才)夫妻だった。
【全文公開】松嶋菜々子、復活『GTO』で夫・反町隆史と共演 なぜいま夫婦共演が“解禁”となったのか?
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】木村拓哉、「事務所を立て直す」の強い思いで積極的に“全方位外交” 因縁を越えてDA PUMPのライブも訪問
女性セブン
6日間にわたるベトナムへの公式訪問をされた秋篠宮ご夫妻(9月23日撮影、EPA=時事)
【ガーリーな姫ファッション】紀子さまベトナム訪問のお召し物に見る美智子さまとの共通点
NEWSポストセブン
“立ちんぼ”
「手錠が痛かった」歌舞伎町の大久保公園で覆面警察に逮捕されたアイドル似“交縁少女”の告白【前編】
NEWSポストセブン