スポーツ

優勝した霧馬山だけじゃない!? 「大関候補が4人」の大バーゲン状態に突入した

優勝決定戦を制した霧馬山は来場所、大関取りとなるが……(時事通信フォト)

優勝決定戦を制した霧馬山は来場所、大関取りとなるが……(時事通信フォト)

 優勝決定戦の末に関脇・霧馬山が初優勝を遂げて幕を下ろした大相撲3月場所。昭和以降で初めて横綱・大関が不在という異例の場所となったが、場所後に生まれる状況も異例のものとなりそうだ。大関が“空位”になりかねないという前代未聞の事態に直面している令和の大相撲は、“大関候補”を乱発する状況になってきた──。

 1月場所から引き続き125年ぶりの1横綱1大関という番付で幕を開けた3月場所だったが、リハビリ中の横綱・照ノ富士は全休。ひとり大関として綱取りに挑戦した貴景勝は6日目までに3勝3敗となり、7日目から「左膝内側半月板損傷」の診断書を提出して途中休場となった。綱取り場所だった貴景勝は来場所、一転カド番となる。

 さらに14日目には番付上、トップ3に位置する東関脇・若隆景まで「右前十字じん帯損傷、右外側半月板損傷」で休場することになり、星ひとつの差で優勝争いをしていた東張出関脇の霧馬山が不戦勝による白星を拾って優勝戦線に踏みとどまることになった。

 千秋楽の取組編成にしても、結びの一番が関脇同士にはならず、優勝を争う東張出関脇の霧馬山と東張出小結の大栄翔の対戦となった。「三役揃い踏み」には、平幕力士である西前頭7枚目の高安が登場した。スポンサー企業が各取組に出す懸賞も、休場力士が出て不戦勝・不戦敗の取組になった場合は、当日に協会がスポンサーに連絡して取りやめるか他の取組への振り替えとなるため、対応にてんやわんやの状況が続いた。

「協会サイドも振り替え作業にドタバタでしたが、スポンサー側も困惑していたといいます。優勝力士への『大関賞』を出している大関酒造は、大関の取組に懸賞を出すことが慣例だったが、今場所は7日目から大関が不在となり、結びの一番に懸賞をかけていた」(相撲担当記者)

 3月場所は通常開催となったが、場所後の春巡業も4月2日の伊勢神宮奉納大相撲を皮切りに、大阪、愛知、福井、新潟、長野を回って関東周辺の15か所で開催予定だが、看板力士がどれだけ参加できるか不透明な状況だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン