スポーツ

大谷翔平「バルコニーにジャグジー」「愛車はポルシェ」のカリフォルニア生活「近づくといい香り」証言も

リラックスした表情に多くのファンが胸キュン(左は水原氏。写真/共同通信社)

リラックスした表情に多くのファンが胸キュン(左は水原氏。写真/共同通信社)

 アメリカ・カリフォルニア州の温暖でのどかな都市、アーバインは、全米でトップレベルに治安がいい都市として知られる。その中心部から少し外れた地域に、3ベッドルーム、バルコニーにはジャグジーが置かれた家賃50万円の豪邸が建つ。一般人なら「とても手が出せない」豪華さだが、居住者が彼だと、逆に「え、そんなレベルでいいの?」という感覚になるかもしれない。今季の総収入が約85億円で、大リーグ史上最高額を記録したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(28才)だ。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝からわずか10日、お気に入りの自宅で休む暇もなく日本時間3月31日に、大谷のメジャー6年目のシーズンが幕を明ける。

 侍ジャパンの14年ぶり世界制覇は、日本中を感動の渦に巻き込んだ。野球熱の高まりの理由は、チームが勝ち進んだのはもちろんのこと、代表チームや選手個人のSNSで、グラウンド外での選手たちの素の表情が広められたことにもあるだろう。いちばんの視線を集めていたのは、やはり大谷だった。

「チーム合流後、全選手が参加した大阪の焼肉店での決起集会や、アメリカ移動後の食事シーンのリラックスした表情が、プレー中の鬼気迫る眼差しとのギャップと相まって、“かわいい”と評判になりました」(スポーツ紙記者)

 それゆえ、WBCが幕を閉じ、スポーツニュースで流れるのがユニホーム姿ばかりになると、多くのファンが「大谷ロス」に陥ったのだ。

「アメリカへ渡って以降、プライベート取材は一切NG。出入りのスポーツ紙やテレビメディアなどは、万一反感を買って“取材禁止”となったら一大事ですから、言いつけを厳密に守っています」(前出・スポーツ紙記者)

 実際のところ、大谷の「カリフォルニアの秘密生活」は、どのようなものなのか──。

スタバのオーダーは「アイスソイラテ」

 大谷は、WBC決勝の翌日にはエンゼルスのキャンプ地・アリゾナでチームに合流した。この春季キャンプから、球場入りには高級自動車メーカー『ポルシェ』のSUVとして人気の「カイエン」を使っている。と言っても大谷は助手席に座り、運転は侍ジャパンにも通訳として帯同した水原一平氏(38才)だった。

 大谷は昨年8月にポルシェ・ジャパンのアンバサダーに就任。本誌『女性セブン』はシーズンオフに、都内で大谷がポルシェの「タイカン ターボS」に乗る様子を目撃している。“真っ赤なポルシェ”でも、運転は水原氏だった。

「メジャー挑戦時、大谷選手は運転免許を持っていなかったため、自然と水原氏が運転手役も担った。2020年に免許を取得しましたが、水原氏が一緒のときは運転を任せています。ただ、“後部座席に乗ると、なんだか偉そう”という理由で、必ず助手席に乗るんです。大谷選手の謙虚さと、いつも他者をリスペクトする素顔が伝わりますよね」(在米ジャーナリスト)

 免許取得後、大谷自身もハンドルを握ることがある。

「大谷選手いわく“運転は結構うまい”そうで、自らの運転で自宅近くのスターバックスにドリンクを買いに行ったりするそうです。スタバでオーダーするのは『アイスソイラテにエスプレッソショットを追加』したものだとか」(前出・在米ジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン