国内

「赤彗星(シャア)」と名付けられた息子の告白 名前を嫌だと思ったことはないのか?

左から次女の風光雲さん、父・唯さん、長男の赤彗星さん

左から次女の風光雲さん、父・唯さん、長男の赤彗星さん

 個性的な“読み”の名前が珍しくなくなっているが、当事者の親子はどのような思いを抱いているのか。徳島の名門・池田高校で甲子園を目指す一人の球児。名前は「赤彗星」と書いて「しゃあ」と読む。名を付けた父、そして名付けられた息子に、ノンフィクションライターの柳川悠二氏が話を聞いた。【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 世に生を受けた者が最初に与えられるプレゼントが「名前」だ。

 ところが、読みを連想することが難しいようなキラキラネームを与えられては、その後の人生に少なからず苦労が伴うこともあるだろう。役所や病院、あるいは学校で、幾度も名前を呼び間違えられる人生を送るのだ。その度に訂正を余儀なくされるのだから、それなりのストレスがあって当然である。

 長女「光宇宙(ララァ、20)」、次女「風光雲(フラウ、18)」、長男「赤彗星(シャア、16)」という關口家の三姉弟はそれぞれ名前を好意的に受け止めているのだろうか。父の唯さん(44)は、「名前に対する不満を聞いたことはありません」と言う。

「息子が小学校に入学する時に、いじめられたりしないか、少し不安はありました。ところが、同じクラスに『ジオン』くんという子がおった(笑)。赤彗星のクラスに(シャアが属する軍の名である)ジオンくんがいるなら、問題はないやろ、と。みんな気に入ってくれている。風光雲なんかは、『どうしたらこんな名前が思いつくん? 私に子供が生まれたらパパに名付けて欲しいから、今から考えておってね』と言ってくれています」

 もちろん、子供たちの側がどう受け止めているかを尋ねる必要もあるだろう。そこで、風光雲さんにも話を聞いた。

「私は人と同じであることがあんまり好きじゃなくて、同じ名前の人と出会ったことのない風光雲という名前はめっちゃ気に入っています。漢字の並びも、可愛らしいというよりかっこいい感じですよね。確かに正しく名前を呼ばれたことはありませんが、それがむしろ普通じゃなくていいな、と思っています。苦労というと、テストの時なんかに、名前の画数がとても多くて、人よりも答案用紙の記入が出遅れてしまうことぐらいでした……。名字にある『關』も旧字で、めっちゃ画数ありますから(笑)」

 本人が希望すれば、改名できることは風光雲さんも知っている。

「はい。だけど、一度も考えたことはありません」

 父親である唯さんは元高校球児で、長女の光宇宙さんも高校時代はソフトボールに励んでいた。そして、風光雲さんは女子校高校野球の名門校に在籍したことがある。高校を卒業した今後は中学時代に弟と一緒に練習した全播磨硬式野球団でコーチを務めたりしながら、将来を考えていくという。

「これからの女子野球を背負っていく野球少女たちのコーチになって、女子野球をもっと広めていくお手伝いをしたい」(風光雲さん)

 風光雲さんはアルバイトで得た給料の一部を両親に渡し、今後、専門学校や大学への進学を考えたとしても、学費はすべて自分の力でまかなうと決めている。

「私が野球に打ち込めたのも、姉が一生懸命アルバイトをして、両親を助けてくれたから。今まで尽くしてくれた姉には自由になってもらって、今度は私が家にお金を入れたり、弟に野球道具を買ってあげたりしたいんです」

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン