国内

「赤彗星(シャア)」と名付けられた息子の告白 名前を嫌だと思ったことはないのか?

左から次女の風光雲さん、父・唯さん、長男の赤彗星さん

左から次女の風光雲さん、父・唯さん、長男の赤彗星さん

 個性的な“読み”の名前が珍しくなくなっているが、当事者の親子はどのような思いを抱いているのか。徳島の名門・池田高校で甲子園を目指す一人の球児。名前は「赤彗星」と書いて「しゃあ」と読む。名を付けた父、そして名付けられた息子に、ノンフィクションライターの柳川悠二氏が話を聞いた。【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 世に生を受けた者が最初に与えられるプレゼントが「名前」だ。

 ところが、読みを連想することが難しいようなキラキラネームを与えられては、その後の人生に少なからず苦労が伴うこともあるだろう。役所や病院、あるいは学校で、幾度も名前を呼び間違えられる人生を送るのだ。その度に訂正を余儀なくされるのだから、それなりのストレスがあって当然である。

 長女「光宇宙(ララァ、20)」、次女「風光雲(フラウ、18)」、長男「赤彗星(シャア、16)」という關口家の三姉弟はそれぞれ名前を好意的に受け止めているのだろうか。父の唯さん(44)は、「名前に対する不満を聞いたことはありません」と言う。

「息子が小学校に入学する時に、いじめられたりしないか、少し不安はありました。ところが、同じクラスに『ジオン』くんという子がおった(笑)。赤彗星のクラスに(シャアが属する軍の名である)ジオンくんがいるなら、問題はないやろ、と。みんな気に入ってくれている。風光雲なんかは、『どうしたらこんな名前が思いつくん? 私に子供が生まれたらパパに名付けて欲しいから、今から考えておってね』と言ってくれています」

 もちろん、子供たちの側がどう受け止めているかを尋ねる必要もあるだろう。そこで、風光雲さんにも話を聞いた。

「私は人と同じであることがあんまり好きじゃなくて、同じ名前の人と出会ったことのない風光雲という名前はめっちゃ気に入っています。漢字の並びも、可愛らしいというよりかっこいい感じですよね。確かに正しく名前を呼ばれたことはありませんが、それがむしろ普通じゃなくていいな、と思っています。苦労というと、テストの時なんかに、名前の画数がとても多くて、人よりも答案用紙の記入が出遅れてしまうことぐらいでした……。名字にある『關』も旧字で、めっちゃ画数ありますから(笑)」

 本人が希望すれば、改名できることは風光雲さんも知っている。

「はい。だけど、一度も考えたことはありません」

 父親である唯さんは元高校球児で、長女の光宇宙さんも高校時代はソフトボールに励んでいた。そして、風光雲さんは女子校高校野球の名門校に在籍したことがある。高校を卒業した今後は中学時代に弟と一緒に練習した全播磨硬式野球団でコーチを務めたりしながら、将来を考えていくという。

「これからの女子野球を背負っていく野球少女たちのコーチになって、女子野球をもっと広めていくお手伝いをしたい」(風光雲さん)

 風光雲さんはアルバイトで得た給料の一部を両親に渡し、今後、専門学校や大学への進学を考えたとしても、学費はすべて自分の力でまかなうと決めている。

「私が野球に打ち込めたのも、姉が一生懸命アルバイトをして、両親を助けてくれたから。今まで尽くしてくれた姉には自由になってもらって、今度は私が家にお金を入れたり、弟に野球道具を買ってあげたりしたいんです」

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン