国内

宮内庁に「広報室」新設で皇室の情報発信に本腰 初代室長に抜擢された女性キャリア官僚の横顔

外務省時代にはエリート街道を歩まれていた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)

外務省時代にはエリート街道を歩まれていた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)

 令和皇室が新たな歩を進めた。天皇ご一家の御料牧場(栃木県塩谷郡)でのご静養(4月5~10日)は約3年半ぶりとなる。

「満を持して、令和皇室のご活動が本格的に始まったと感じました。5月には令和初となる園遊会も赤坂御用地(東京・元赤坂)で開催予定ですし、ご静養を皮切りに、皇室全体のご活動と国民と接する機会が増えることを願ってやみません」(宮内庁関係者)

 宮内庁内にも変化があった。4月1日付で、総務課に「広報室」という部署が新設されたのだ。民間からも採用を行い、最終的に10人体制となる予定のこの部署は、これまで課題とされてきた「皇室側からの情報発信」にも取り組むという。以前から積極的な情報発信について言及されてきたのが、秋篠宮さまだ。

「2021年の誕生日会見で、事実と異なる報道に対する反論の基準作りを考える必要があると主張されました。このご発言を受けてか、宮内庁は、ホームページの刷新やSNSの活用を模索してきた。2021年に長女・眞子さんが、結婚にあたり、国民の“誤った情報”による“強い恐怖心”を訴えたため、重要性を感じられたのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

 今年に入ると、天皇陛下も誕生日会見で情報発信について、「適切なタイミングで国民のみなさんにわかりやすくお知らせしていくことも大事なことであると考えます」と言及された。

「秋篠宮さまは“国民の誤りを正す”ことを重視される一方で、陛下は“情報を正しく伝える”ことを重視されています。おふたりのお考えは似て非なるものです。いずれにせよ、宮内庁にとって情報発信が長年の課題だったことは間違いない。広報室長の手腕が問われます」(前出・宮内庁関係者)

 初代広報室長に就任したのは、キャリア官僚として警察庁で活躍してきた藤原麻衣子氏(44才)だ。

「藤原氏は京都大学を卒業後、2002年に警察庁に入庁。警備畑で暴力団対策やスパイ対策にあたり、昨年は、新設された経済安全保障室の初代室長を務めていました。情報分野に精通している人物です」(警察関係者)

 彼女の歴任した組織犯罪対策総務課長や外事情報部調査官といったキャリアは、元警視総監の西村泰彦宮内庁長官に連なるという。

「藤原氏は“警察庁初の女性長官”との呼び声が高いほど優秀な方だそうで、今回の抜擢は、西村長官の肝いりだと聞いています。宮内庁には、ほかの省庁からの出向者が大勢いますが、女性キャリアが幹部として出向するのは初めてではないでしょうか。それだけ期待されているということでしょう」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン