芸能

【国民の“母”女優が衝撃告白】藤田弓子、税金滞納で自宅が差し押さえ お人よしが仇となり金銭苦「もう少し頑張らせてください」

不動産が差し押さえられた藤田弓子

女医セブンに独占告白した藤田弓子

 終活らしい終活はほとんどせず、女優として「生涯現役」を貫く藤田弓子(77才)。喜寿を迎えたいまもステージに立ち続ける彼女が、コロナ禍に困難に直面していたことを知る人は少ない。数々の映画やドラマで存在感を放つ名女優が陥った自宅差し押さえの危機──。

「いま年配の役者さんは本当に大変ですよ。私は何とかお仕事をいただけているけど、たとえば『あの人ボケちゃってる』なんて言われたら、とたんに声がかからなくなりますから。コロナ禍で、役者の仕事がつくづく“肉体労働”だということが身に染みてわかりました。舞台に上がって芸を披露することしかできないのに、長い間、それすらもできなかった。それでもみんな何とか踏ん張って必死に生きているんです」

 こう話すのは、昨年喜寿を迎えた女優の藤田弓子。現在公開中の映画『ロストケア』をはじめ、昨年公開された『Dr.コトー診療所』など、話題作に立て続けに出演する名バイプレーヤーである。東京に生まれ育った藤田が静岡県・伊豆の国市に移住したのはいまから約30年前のこと。富士山を望む高台に建つ瀟洒な邸宅に、6才上の放送作家の夫と静かに暮らす。

「亡くなった母も私も生粋の“江戸っ子”で、東京が大好きなんですけど、母が『富士山が見えるところがいい』って言って見つけてきた土地なんです。長く住んでるので建物はあちこち傷んできたけど、自然に囲まれた生活はいいですよ」(藤田)

 伊豆の国市で市民による劇団を主宰する藤田は地元の人々とも交流があり、劇団員が雪かきや草むしりを手伝ってくれることもあるという。愛する夫と仲間に囲まれた里山での平穏な日々に、異変が起きたのは2015年頃。藤田は当時、『三匹のおっさん』シリーズ(テレビ東京系)をはじめ、年間10本以上のドラマに出演し、東京と静岡を頻繁に行き来する二拠点生活を送っていた。事情を知る芸能関係者が語る。

「仕事が立て込んだときは都内に所有するマンションに寝泊まりすることもあったようです。ところが、経理上のミスなどが重なって静岡県の地方税の支払いが滞り、そのマンションが伊豆の国市に差し押さえられてしまったんです。すぐに滞納分を支払って差し押さえは解除されたものの、しばらくしてから藤田さんはマンションを手放しました」

 同じ頃に藤田の個人事務所でも、約400万円の法人税や消費税の滞納があり、伊豆の国市に所有する藤田の自宅が財務省に「換価の猶予」の担保として差し押さえられた。税理士の高橋創氏が解説する。

「換価の猶予とは、簡単に言えば“分割払い”のことです。税金は一括で払うのが基本ですが、財産や収支を明らかにした上で納付計画を申請し、税務署に認められれば分割で支払うことができます。その手続きの上で土地や家屋を担保として差し入れることもあり、支払いが滞れば公売にかけられる可能性もあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン