芸能

行方不明報道の眞野あずさ、セレブ実業家と結婚していた 「みにくいです。せりふが入らない」現在の状況を明かす

亡き母の墓参りにおとずれた眞野あずさ

亡き母の墓参りにおとずれた眞野あずさ

 東京都の西部に位置する集合墓地。4月中旬、寒の戻りを感じさせる肌寒さのなか、一台の高級外車が滑るように乗り付けた。運転席から降り立ったのは60代の背の高い女性。メガネに帽子姿でもそのオーラは隠しがたく、一般人とは明らかに雰囲気を異にしている。傍らに寄り添う男性と歩く女性は、母親が眠る墓石の前で立ち止まると、丁寧に、そしてじっくりと手を合わせたのだった。この女性は、女優の眞野あずさ(65才)。表舞台から姿を消してはや7年あまり。その間、彼女の人生は大きく様変わりしていた。

 眞野は1957年、神奈川県生まれ。聖心女子大学在学中に『週刊朝日』の表紙を飾ったことがきっかけで芸能界に入った。大学入学時から女優志望だったという彼女は、5学年上の姉・真野響子(71才)とともに美人姉妹女優として活躍し、数々のドラマに出演。『はぐれ刑事純情派』のバーのママ役や『検事・朝日奈耀子』(ともにテレビ朝日系)、『弁護士・高林鮎子』(日本テレビ系)、など、サスペンスドラマのシリーズ作品で人気を博した。

 プライベートでは、1989年に10年の交際期間を経て一般男性と結婚。過去のインタビューで「結婚相手は父と同じサラリーマンって決めていた」と語っていたものの、子宝に恵まれず、2005年に離婚して16年間の結婚生活にピリオドを打った。

 2015年には姉の響子と『婦人公論』(2015年10月13日号)で対談し、2010年に脳梗塞で倒れた実母の介護について語り合った。眞野は弟を含めた姉弟3人で協力して介護をしたが、当初は慣れないケアのため1か月で体重が4kgも落ちたという。『婦人公論』で彼女は介護の苦労をこう語っていた。

《私は倒れるまで突っ走ってしまうタイプだから、プロに任せて自分の時間を持つことも大切だね》

 だが、眞野がメディアに登場したのはこの姉妹対談が最後。いつしか所属事務所のホームページからも彼女の顔と名前が消えていたのだ。

「離婚後しばらくして、眞野さんは会社社長のAさんと交際を始めました。ところがこのAさんが交通事故に遭ったり、体調不良で仕事を休んだりしていたことから、しばらくは眞野さんが面倒を見ていたようなんです。生真面目な彼女はお母さんの介護とパートナーの世話を一生懸命にこなし、心身ともに疲れ果ててしまった。精神的にも不安定になり、介護中、眞野さんがめずらしくお姉さんに声を荒らげることもあったと聞きます」(眞野の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン