芸能

林家木久扇、有働由美子、ロッチ中岡…高田文夫氏がラジオで会った“日テレ看板番組の顔”たち

ラジオ番組だからこそ会える(イラスト/佐野文二郎)

ラジオ番組で会った看板番組の顔たち(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、ラジオ番組だからこそ会えるリラックスした日テレ看板番組の顔について綴る。

 * * *
 ラジオ番組のレギュラーを長いことやっているといろんな人に直接会えるから楽しい。久々に林家木久扇師(85歳)。『笑点』で最も古い「いや~ん、バカ~ン」である。

「私はもう司会者を5人も見送ってるの。談志、前田武彦、三波伸介、圓楽、歌丸。今度は昇太を見送るの。私が元祖お見送り芸人なの」。「今でも好きな言葉は?」「座右の銘はたった2文字“入金”」だとさ。

 その昔、アントニオ猪木と並んでサイン会。猪木が一生懸命「入魂」と書いているのに横で「入金」。さすがに止めてくれと言われた。

『うどうのらじお』という番組があって有働由美子からゲストに呼ばれた。ニュースで見せるあの険しい顔と違い、ラジオではリラックスしすぎる関西のお姐ちゃん。そのくせ言葉を投げあうとポンポーンと小気味いい。「高田センセも、そのご様子だと、若い頃相当おもてになったでしょう?」とひとを見抜く力もバツグン。アハハ。

「ところで30年ぐらい前に流行した“ノーパンしゃぶしゃぶ”というものは一体どういう仕組みだったんでしょうか」とノーパン談義。「私も放送局の人達から4回程接待を受けたことがあって」とその段取りと仕掛けを微に入り細に入り話すと感激。「なかなかNHK時代はノーパンしゃぶしゃぶの話はできなかったものですから……で、お肉の方は?」「これが物凄い高級」に次週はスタジオにノーパンで来そうな勢いであった。

 ロッチの中岡。そう「試着室」のコントでおなじみ。WBCの決勝の席が取れたことはテレビでやっていたが、なにより凄いのは奇跡の一枚。客席で見ている中岡の前をあの大谷選手が通る。その瞬間をグーゼンにもパチリ。そうとも知らない中岡、試合が終わり感激を胸に立ちつくしていると逆にグラウンドの中から「中岡さーん」の声。見るとなんとなんと佐々木朗希投手と宮城大弥投手。「写真一枚撮りましょう」と言われパチリ。誰にも見せない大事な大事な一枚となった。

 ここだけの話だがロッチ唯一の冠番組Eテレの『ロッチと子羊』はいつも見ている。人生相談の番組だ。そして中岡が本気になって出川を慕う姿はいつ見ても微笑ましい。

〈PS〉考えてみたら木久扇、有働、中岡。3人揃って日テレの看板だった。『笑点』『news zero』『世界の果てまでイッテQ!』。なるほどなあ。

※週刊ポスト2023年5月19日号

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「女性の健康週間」だから意識したい更年期対策 「とるべき食材・避けたほうがいい食材」を管理栄養士が解説
「女性の健康週間」だから意識したい更年期対策 「とるべき食材・避けたほうがいい食材」を管理栄養士が解説
8760 by postseven