スポーツ

巨人・廣岡大志放出で次のトレード候補に挙がる「小林誠司」と「2人の移籍組」

「生え抜きのドラフト上位」でもトレード候補に?(小林誠司)

「生え抜きのドラフト上位」でもトレード候補か(巨人・小林誠司)

 巨人の補強は終わらない。次の電撃トレードは誰になるのか──。5月17日、巨人の廣岡大志内野手(26)とオリックスの鈴木康平投手(29)の交換トレードが成立したと両球団から発表された。今季、廣岡は4月29日に一軍登録され、5月2日のヤクルト戦からは「1番・セカンド」で5試合連続先発出場。5日の中日戦では左腕の小笠原慎之介から先頭打者ホームランを放った。しかし、14日に登録抹消に。今季は一軍で打率2割1分4厘、1本塁打、2打点だった。鈴木は一軍での登板はなかった。

 巨人は今季、得点は142でリーグトップタイだが、失点は165でリーグワースト(記録は5月16日現在。以下同)。投手陣の強化が急務とされていた。

「今は首位・阪神に5.5ゲーム差つけられての5位ですが、投手力をアップさせれば、まだまだ優勝を狙える。それほど野手陣は充実してきており、若手も伸びています。3年目で一塁と外野を守れる秋広優人の成長が著しく、一塁以外の内野をこなしているルーキーの門脇誠も再三にわたって好守備を見せている。

 廣岡は内野の全ポジションを守れますが、守備に安定感があるとは言い難い。外野もできますが、秋広やオコエ瑠偉の台頭、ウォーカー、ブリンソンの両外国人、梶谷隆幸の復帰で、一昨年のレギュラーである松原聖弥も二軍に甘んじている。廣岡は巨人にいても出番は減っていく。パ・リーグなら指名打者制度があるし、廣岡の将来を考えても、良いトレードでは」(プロ野球担当記者。以下同)

 今季の巨人は5月2日から6試合連続で8回に失点して「魔の8回」が話題になるなどリリーフ不足が指摘されていた。それだけに、2021年には34試合に登板して防御率3.03をマークした鈴木康平獲得への期待は大きい。しかし、一人の加入で中継ぎ不足の解消とはいかないだろう。

「巨人は第2弾、第3弾のトレードを探っているでしょう。廣岡は2021年、現在ヤクルトの抑え投手を務めている田口麗斗との交換トレードで移籍してきた選手です。その意味では比較的、トレード対象になりやすかったと言えます。生え抜きのドラフト上位で20代中盤の選手を出すとなると、球団内に反対意見が出やすい。そのような事情や現状の戦力構造を踏まえると、27歳でロッテ出身の香月一也内野手、30歳で日本ハム出身の石川慎吾外野手あたりはトレード候補になるかもしれません。いずれも潜在能力を秘めていますが、今季まだ一軍での出番がありません」

 通算成績を見ると、香月は109試合出場で打率1割8分0厘、4本塁打、13打点。石川は365試合出場で打率2割2分5厘、14本塁打、62打点。高い実績を誇るとは言えず、どの球団も欲する一軍の中継ぎ投手の交換要員として求められるかは微妙だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン