芸能

かたせ梨乃「66才に全く見えない」美脚ミニスカ披露で「凄い現役感」名門女子校出身の意外な過去も

ミニを穿いて

ミニを穿いて美脚を披露したかたせ梨乃(勝地涼のインスタグラムより)

 昭和末期、彼女に魅了されたという男性諸氏は少なくないのではないか。かたせ梨乃が、5月12日の勝地涼(36才)の公式インスタグラムに登場。66才とは思えないほどに細くてきれいな美脚がまぶしい。おしゃれな山吹色のミニスカート姿で、後輩の出演舞台『夜叉ヶ池』を観劇に訪れた際の記念写真は、その勝地が明かした、かたせの豪快なエピソードとともに、ネット上で瞬く間に話題となった。

 その勝地のインスタには、器用貧乏な役者になりかけていた20代の勝地に《自分を出しなさい。あなた本当は持ってるでしょ》と助言したのが、かたせだったと綴られていた。さらに初めて二人でサシ飲みしたときに、6軒もはしごをして、《俺の体は酒で吉原大炎上》と泥酔した自分に対して、最後までスマートに酒を飲み帰宅していった、かたせの姿に《ゾクゾクした。昭和の映画スターを見た》と、勝地が感激した思い出話が続いた。

 その投稿には、ネットユーザーたちから「やっぱり素敵な女性なんですね~」、「梨乃さん美脚 お美しい」、「梨乃さまスタイル良すぎです!!」、「いくつになっても綺麗…」と絶賛のコメントが届いた。

「ナイスバディで知られるかたせさんですが、そのスタイル維持の秘訣は水泳だといわれています。仕事の前後など、必ずプールで泳いでいらっしゃる。水泳歴は40年だとか」(芸能関係者)

 勝地が明かしたように酒席でも乱れることはないというかたせ。前出の芸能関係者は、「昔から若いイケメン男性が周囲にいましたが、いわゆる“付き人”のような存在だったようですね。勝地さんとも、乱れることもなくお酒を楽しまれているように、カメラが回っていないところでも、常に振る舞いが粋でスマート。だいぶ前に深夜、若者が集まるクラブのVIPルームにイケメン男性を従えてやってきた彼女を見ました。お酒をグイグイ飲み干しながら踊り、颯爽と帰って行くのですが、一連の姿はまさにスター。泥酔とは無縁のきれいな飲み方でしたね」と振り返る。

 昨年の大みそかの年越しバラエティー番組や、トークバラエティー番組『今夜くらべてみました』では、セーラー服や学生服姿を披露するなど色気もキュートさも、まだまだ現役。しかも、昭和の深夜のお色気番組『11PM』のカバーガール出身でいながらも、都内の才女が集う超名門女子校出身というインテリ。まさに、全てを兼ね備えたハイスペックなスターと言えるかもしれない。

 今年は1月公開のハードボイルド映画『BAD CITY』に出演したが、まだまだテレビドラマなどでも、もっとお目にかかりたい大女優の1人である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン