芸能

かたせ梨乃「66才に全く見えない」美脚ミニスカ披露で「凄い現役感」名門女子校出身の意外な過去も

ミニを穿いて

ミニを穿いて美脚を披露したかたせ梨乃(勝地涼のインスタグラムより)

 昭和末期、彼女に魅了されたという男性諸氏は少なくないのではないか。かたせ梨乃が、5月12日の勝地涼(36才)の公式インスタグラムに登場。66才とは思えないほどに細くてきれいな美脚がまぶしい。おしゃれな山吹色のミニスカート姿で、後輩の出演舞台『夜叉ヶ池』を観劇に訪れた際の記念写真は、その勝地が明かした、かたせの豪快なエピソードとともに、ネット上で瞬く間に話題となった。

 その勝地のインスタには、器用貧乏な役者になりかけていた20代の勝地に《自分を出しなさい。あなた本当は持ってるでしょ》と助言したのが、かたせだったと綴られていた。さらに初めて二人でサシ飲みしたときに、6軒もはしごをして、《俺の体は酒で吉原大炎上》と泥酔した自分に対して、最後までスマートに酒を飲み帰宅していった、かたせの姿に《ゾクゾクした。昭和の映画スターを見た》と、勝地が感激した思い出話が続いた。

 その投稿には、ネットユーザーたちから「やっぱり素敵な女性なんですね~」、「梨乃さん美脚 お美しい」、「梨乃さまスタイル良すぎです!!」、「いくつになっても綺麗…」と絶賛のコメントが届いた。

「ナイスバディで知られるかたせさんですが、そのスタイル維持の秘訣は水泳だといわれています。仕事の前後など、必ずプールで泳いでいらっしゃる。水泳歴は40年だとか」(芸能関係者)

 勝地が明かしたように酒席でも乱れることはないというかたせ。前出の芸能関係者は、「昔から若いイケメン男性が周囲にいましたが、いわゆる“付き人”のような存在だったようですね。勝地さんとも、乱れることもなくお酒を楽しまれているように、カメラが回っていないところでも、常に振る舞いが粋でスマート。だいぶ前に深夜、若者が集まるクラブのVIPルームにイケメン男性を従えてやってきた彼女を見ました。お酒をグイグイ飲み干しながら踊り、颯爽と帰って行くのですが、一連の姿はまさにスター。泥酔とは無縁のきれいな飲み方でしたね」と振り返る。

 昨年の大みそかの年越しバラエティー番組や、トークバラエティー番組『今夜くらべてみました』では、セーラー服や学生服姿を披露するなど色気もキュートさも、まだまだ現役。しかも、昭和の深夜のお色気番組『11PM』のカバーガール出身でいながらも、都内の才女が集う超名門女子校出身というインテリ。まさに、全てを兼ね備えたハイスペックなスターと言えるかもしれない。

 今年は1月公開のハードボイルド映画『BAD CITY』に出演したが、まだまだテレビドラマなどでも、もっとお目にかかりたい大女優の1人である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン