ライフ

「墓じまい」にかかる費用は総額100万~300万円ほど 菩提寺から了承得られないケースにも注意

「墓じまい」の注意点は?(イメージ)

「墓じまい」の注意点は?(イメージ)

 菩提寺が遠方の実家近くにある場合、「墓参り」は一大事だ。やっと墓にたどり着いても、荒れ果てた墓の掃除で大汗をかく。自宅近くに墓があれば──そう思う人は多いだろう。だが、「墓じまい」は手続きを間違えると思わぬトラブルに見舞われる。

まずは何より「親族の合意」

 猛暑と台風の影響による暴風雨が列島各地を襲った今年の盆休み。千葉県在住のAさん(70代男性)はかつて実家のあった新潟で墓参りをしたが、今後について考える契機となったという。

「兄弟も故郷を離れて実家はすでになく、墓だけは長男の私が守ってきました。遠方で不便な土地のため今年はお盆の墓参りに疲れ果ててしまい、お金も体力もこれ以上かける自信がなくなりました。母の七回忌も済んだし、墓じまいを考えています。自分の子供にまで負担はかけたくない」

 そう語るAさんのように、田舎の墓を墓じまいして「改葬」を考える人が近年増えている。厚生労働省「衛生行政報告例」によると、2011年度の墓じまいの年間件数は全国で約7万7000件だったのに対し、2021年度には約11万9000件と、10年間で1.5倍に増加した。

 とはいえ、必要な手続きや費用などがわからず、どう始めればいいのかと二の足を踏む人も多いだろう。葬送コンサルタントの吉川美津子氏が言う。

「継ぎ手が不在の墓は、放置されると無縁墓になる可能性があるため、自分以外にお墓の後継ぎ(祭祀承継者)がいない場合、墓じまいをして遺骨を移す方法を考える必要があります。しかし、その手順を誤ると親族との関係や費用面などで様々なトラブルを抱えることになるので注意が必要です」

 吉川氏監修のもと、失敗しない墓じまいの手続きとポイントを示した。これを参照しながら、手順を確認していく(以下、特記のない「 」内のコメントは吉川氏)。

 そもそも「墓じまい」とは、今ある墓を撤去して更地にし、寺や霊園など管理者に区画を返すことをいう。そこから新たな場所に納骨することを「改葬」といい、現在ではそこまでの一連の手続きを墓じまいと呼ぶ。

 まず重要なのが、親族の合意を得ることだ。

「先祖代々の墓の場合、祖父母や両親だけでなく、疎遠になった親族の遺骨が納められている場合もあります。墓じまいはそうした人の遺骨も一緒に引き受けることになる。法的には親族の合意は不要ですが、付き合いのないおじやおばの遺族などが『墓参りに行ったら墓が消えていた』『自分たちの入る墓がなくなった』と怒り出して揉めることもあるため、関係者への報告は事前に済ませておく必要があります」

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン