芸能

話題沸騰!俳優とロケだけではない『VIVANT』最終話がここまで盛り上がる5つの理由

堺雅人の役者魂の原点は高校時代にあった(時事通信フォト)

主演の堺雅人(時事通信フォト)

 堺雅人主演で圧倒的な話題を呼ぶドラマ『VIVANT』(TBS系)。本日17日、最終回を迎える。盛り上がりの背景には、「画期的な5つのポイントがある」というのはコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さん。木村さんが詳しく解説する。

 * * *
 視聴率や配信再生数などの指標はもちろん、X(旧ツイッター)のツイートやネット記事の数も、すべて今夏ドラマの中で断トツ。テレビに限らず今年のコンテンツシーンで見ても、最も盛り上がっていると言っていいのではないでしょうか。17日夜、『VIVANT』が最終話を迎え、放送前から考察や期待などの声が挙がっています。

 同作は序盤から、堺雅人さん、阿部寛さん、二階堂ふみさん、松坂桃李さん、二宮和也さん、役所広司さんら主演級俳優を筆頭に43人をそろえたキャスティングと、約250人のキャスト&スタッフに加えて3000頭以上の動物を集めて行った約2か月半のモンゴルロケが注目を集めていました。

 そのキャスティングと海外ロケは、人々の支持を得た理由であることは間違いないものの、最終話を前に『VIVANT』がこれほど盛り上がっているのは、その2点だけではないでしょう。成功の裏には、これまでの連ドラシーンではめったに見られない画期的な5つのポイントがあるのです。

連ドラの枠組みを度外視した物語

『VIVANT』がこれほど盛り上がった1つ目のポイントは、連ドラの枠組みを度外視した物語。当初から「敵か味方か、味方か敵か―冒険が始まる」というキャッチコピーは明かされていましたが、主人公の乃木憂助(堺雅人)が正義なのか、悪なのか。敵と見られるノゴーン・ベキ(役所広司)も本当に悪なのか、もしかしたら正義なのか。両者は敵対関係なのか、実は味方なのか。公安の野崎守(阿部寛)や協力者のドラム(富栄ドラム)も同様に敵なのか、味方なのか……。

 これらの図式がまったくわからない設定で、視聴者の興味を誘っていきました。それどころか、「テーマや目指す結末なども最後まで分からない」という謎だらけの物語は、過去になかったものであり、「まだ見たことがないドラマ」という特別感を醸し出しています。

 2つ目のポイントは、放送に留まらない立体的な仕掛け。まず放送前に出演俳優とモンゴルロケ以外の情報を伏せて期待感をあおり、第1話のラスト1分で二宮和也さんをサプライズ出演させて驚きを誘いました。

 その後は物語を進めながら、新たな謎や伏線のようなシーンを次々に投入し、ネット上の考察を加速。「話題のドラマ『VIVANT』がもたらす新現象 メディアの変化、終了後の異例盛り上がり」という記事で書きましたが、個人だけでなくさまざまなネットメディアが考察に参加することで、「放送終了後から次回放送までの1週間、ずっと盛り上がっている」という熱気につながりました。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン