芸能

「滝沢秀明は強制的にキスをさせる」ジャニーズ性加害問題当事者の会代表に寄せられた新たな告発

滝沢秀明氏に告発

滝沢秀明が疑惑を告発された

「ぼくが直接被害を受けたわけではないので真偽はわかりませんが、ブログに(ジャニーズJr.から)そういうメッセージが送られてきたのは事実です。滝沢はキスが好きなんですよ。強制的にキスをさせるって」

 本誌『女性セブン』の取材にこう話すのは、ジャニーズ性加害問題当事者の会(以下当事者の会)の代表を務める平本淳也氏(57才)である。

 当事者の会は《ジャニー喜多川による性被害を被り、その事件を告白・告発したメンバーで立ち上げた有志の組織》(公式ホームページより)。今年6月に創設されて以来、ジャニーズ事務所に対し、被害者との対話や救済基金の設立などを要望してきた。

「7月に国連人権理事会による聞き取り調査に参加し、9月11日には日本弁護士連合会に『人権救済申し立て』を行いました。ジャニーズ事務所との話し合いが決裂した場合には、刑事告訴や海外での訴訟も視野に入れているといい、藤島ジュリー景子前社長や当時の副社長らに対しては救済基金への個人での資金拠出も提案しています」(芸能関係者)

 ジャニーズJr.の一員として1980年代にジャニーズ事務所で活動した平本氏は、一連の問題が大きくなる前からジャニー氏の性加害を訴え続けてきたという。

「これまで出版してきた自分の本でも書いていますが、35年前から言い続けてきました。ジャニーさんの告別式で手を合わせたとき、ぼくが心の中で何を言ったと思います? “ジャニーさん安らかに天国に行ってるかと思いますが、いつか引きずり下ろします。待っててください”って。まさかその通りになるとは思わなかったので、自分がいちばんびっくりしてますよ」(平本氏)

 平本氏は2000年頃に《ジャニーズ出身スーパーカルチャースタァ“平本淳也”HP!》と題したホームページを開設し(現在は削除済み)、そこでもジャニーズに関するコラムを連載していた。

「自ら経験した性被害の実態を告発する一方で、Jr.や現役タレントから受けた相談の内容についてもコラムで明かしていました。現在、ファンや関係者の間で注目されているのが、“?後輩たちの願い!?”というタイトルの過去のエントリーです。平本さんはそのブログで“滝沢さんに舐められた”というあるJr.の証言を“ジャニーさんとお風呂に入りました”などのセクハラ被害と並べて紹介していたのです」(前出・芸能関係者)

“滝沢さん”とはジャニーズ事務所の元副社長で、Jr.を管轄するジャニーズアイランドの社長も務めた滝沢秀明(41才)のことである。滝沢はジャニー氏を「人生の恩師」と公言し“後継者”に指名されるなど、一時はジュリー氏以上にジャニー氏に近い存在だった。だが、ジャニー氏の死後、昨年10月末に退所し、現在は「アーティストをプロデュースする会社」として、「株式会社TOBE」を主宰している。

 冒頭の平本氏のコメントは、ブログに寄せられた滝沢の“疑惑”について語ったものだ。滝沢が後輩たちにキスを促すことは、ファンにもよく知られている。9月17日にTOBEへの合流を発表した元Kis-My-Ft2の北山宏光(38才)もバラエティー番組で、滝沢からキスをすすめられたことを明かしていた。

「タレント同士がけんかをした際などに、滝沢さんは男同士でキスをして仲直りさせるそうで、北山さんは『後輩のどんな溝も埋める滝沢キッス』と名付けていました。その話を聞いた三宅健さん(44才)は『こんな画期的なシステムないですね』と絶賛。別の番組では滝沢さん本人が後輩たちに『キスくらいしろよ!』と指示していたことを明かしていました」(芸能リポーター)

 スタジオは笑いに包まれたというが、平本氏が言うようにキスの強要に苦しんでいたJr.がいたとすれば話は別である。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン