ビジネス

「実家の台所みたい」と愛されている神戸の角打ちには震災を乗り越えた「だんじり」魂が宿っている

 JR甲南山手駅から住宅街を10分ほど歩くと『小田商店』がある。この辺りは阪神・淡路大震災の被害が大きかった地区で、「ここいらの建物は、ペシャンコになってね、このエリアでは3軒だけが幸運にも倒れずに残ったんですけど、そのうちの1軒がうちなんですよ」と『小田商店』店主の妻・小田代里子(よりこ)さん(73歳)が振り返る。地元・保久良(ほくら)神社のお祭り「だんじり」に奉納酒を届ける由緒ある店である。

創業は昭和40年。震災を乗り越え、地域に根付いた店だ

創業は昭和40年。震災を乗り越え、地域に根付いた店だ

「だんじりはお正月みたいなもんですわ」と語るのは2代目店主の小田雄二さん(76歳)。要職の梃子(てこ)係を47歳から55歳の男盛りに8年も務めた。お祭りは毎年5月の4日と5日。梃子係は管理、運営、運行の総大将だ。小田さんは目を細めながらお祭りの話をしてくれた。

「梃子係っちゅーのは元々、だんじりが曲がるときに、前輪を上げるタイミングとかの指示を出す係やな。祭りが近づくと、『試験曳き』と称して、夕方から小一時間、だんじりを蔵から出しては曳くんやけど、『適当なところで蔵に入れてくれよ』『はい、わかりました。そこそこの時間に納めます』なんて言いながらも、曳き出したら、熱くなってな、時間オーバーして曳いてまうねん(笑い)。血がたぎるんですわ」

 そんなこんなしながら、お祭り当日を迎える。「本番で町曳きする日は、店で子供らにおやつを配るし、町内の人らには酒や食べ物を振る舞います。うちの伝統ですわ」(店主)。

2代目店主の小田雄二さん。だんじりへの想いを熱く語ってくれた

2代目店主の小田雄二さん。だんじりへの想いを熱く語ってくれた

 店の奥の部屋には、「鬼板(おにいた)」と呼ばれる、だんじりの屋根の上に設える獅噛(しがみ)が飾ってある。特別なあしらいで、美しい彫刻を施されているのだが、お祭りの仲間が店主にプレゼントしたものだそうだ。壁に並ぶ写真では、法被姿の店主が、曳き手の若衆に囲まれて、だんじりをバックに中央でにこやかに笑っている。

写真左は店主の妻・代里子さん。料理の腕には定評がある

写真左は店主の妻・代里子さん。料理の腕には定評がある

 特製「鬼板」のことを誇らしげに教えてくれた女性客(50代)は、「灘に帰ってきたら実家に顔を出す前に、真っ先にこの店に『ただいまー』と言うねん。ほしたら『おかえりー』言うてくれる。ここはな、父と母がおる。アットホームと言うよりな、家や、家そのもの!」。

 昭和40年の開店当初から始めた角打ちは、今や “せんべろ・ラウンジ”という愛称をつけられた。お祭りの馴染み衆に加えて、17時を回ると仕事を終えた人たちが店にやってくる。アテの小皿は、24歳で丹波篠山から嫁いだ代里子さんの特製。お盆にずらりと載っていて、どれも美味そうだ。なのに、「裏メニューがあるねん。お母さん、豚キムチ、作ってやあ」と頼む常連(50代)も。「な? 実家の台所みたいやろ。祭りの日だけはシャキッとするけど、他はアホな話ばっかしよ(笑い)」

会社帰りは、いつものメンバーが“せんべろ・ラウンジ”に集い盛り上がる

会社帰りは、いつものメンバーが“せんべろ・ラウンジ”に集い盛り上がる

 この日にいた別の常連組は、会社の飲み仲間。「うちの会社で、ここで飲むメンバーは9人いますわ。とはいえ、部署も年齢もバラバラ。そやけど小田さんの店のおかげで、妙な結束ができてます」と語る40代氏は、「先輩と話すのも楽しいし、(お祭りの)隣組の人と話すのも楽しいんです。でもね、気分良くなりすぎて、帰りの電車で終点の京都まで行ってまうことあるねん! 僕2回、やってまいましたわ。嫁にめっちゃ怒られたわ(笑い)」と、“せんべろ・ラウンジ”の魔力を注意喚起してくれる。

 かと思うと、「今日は取材やと聞いたから一張羅を着て、香水つけてきました」と、ちょける若手客も。 “ちょける”とは関西の言葉で、“おどける、ふざける”の意味。「香水は写真に映らんやろ」「嘘に決まってますやん」と、西の人間ならでは、ノリはにぎやか。

気心の知れた仲間たちとの会話に、笑顔が弾ける

気心の知れた仲間たちとの会話に、笑顔が弾ける

 そんな中、静かに飲んでいた客(40代)は、「ここに来るようになって、6、7年かなあ。最初は入り口のベンチで飲んでいたんです。そしたら年長の常連さんが『兄さん、そんなところで飲まんと、中に入り~』ゆーてくれた。それが通い始めたきっかけです。いつの間にか僕、『中に入り~』と言う側になりましたねえ。それで、帰る新参客の背中に『また来てね~、また飲もね~』と言いますわ。オモロイもんやね。ひっくり返ったわ」

 そのうち、今日の仕事を終えた店主が「何をわさわさゆーとうねん。わしも一緒に飲もか」とやってきた。「これよ、これ、やっぱし大将の人柄、この店はそれにつきます」(50代)、「小田さんの店がつぶれて欲しないから、せっせと来るんですわ」(40代)、そんな声を聞きながら店主は笑っていた。

 今宵、皆の手には焼酎ハイボール。「キリッとして沁みるわ。クセがなくて辛口やから、どんな料理にも合うんよ。まぁ、日々いろいろあるけど、なんにでも合うのはエエこっちゃ」とさっきの常連が破顔した。

代里子さん特製の料理には、辛口の焼酎ハイボールがよく合う

代里子さん特製の料理には、辛口の焼酎ハイボールがよく合う

■小田商店

【住所】兵庫県神戸市東灘区本山中町2-5-27
【電話】078-431-0897
【営業時間】月~土・祝15~21時、日曜定休 
焼酎ハイボール280円、ビール大びん440円~、春巻き1本300円、だし巻き300円、タコの酢の物300円

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン