芸能

【追悼】もんたよしのりさん。西城秀樹さんマネジャーが明かす「アニキと慕い合ったふたり」が『ギャランドゥ』を生み出した夜 

ジャケットと同じ赤い衣装で、ギャランドゥを熱唱する西城秀樹さん。

ジャケットと同じ赤い衣装で、ギャランドゥを熱唱する西城秀樹さん。

 もんたよしのりさんと西城秀樹さん、ちょっと異色の組み合わせにも思えるが、実はふたりはお互い「アニキ」と慕い合う仲だった。

 10月18日、大動脈解離のため72歳で亡くなったもんたよしのりさん。『ダンシング・オールナイト』のほかにも、西城秀樹さんが歌い昭和の名曲となった『ギャランドゥ』(1983年)を作詞・作曲したことでも知られる。

 5年前に亡くなった西城秀樹さんは、もんたさんより4歳年下だったが、1979年には『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』で一世風靡するなど歌謡曲界のトップスターだった。一方、もんたさんは「もんた&ブラザーズ」の『ダンシング・オールナイト』が1980年に大ヒットし、シンガーソングライターとして一躍、注目を浴びるようになっていた。

「ダンシング・オールナイト」は160万枚を超えるミリオンセラーとなった。写真/共同通信社

「ダンシング・オールナイト」は160万枚を超えるミリオンセラーとなった。写真/共同通信社

 ふたりはともに広島県生まれということもあり、親近感をもちながらもお互い気になる存在だったようで、アーティストとしてリスペクトし合っていた、と西城さんのマネジャーであった片方秀幸さんは話す。

「ハスキーボイスでロッド・スチュワートのように渋い大人のロックを歌えるという共通点もふたりにはありました。食事やお酒を飲みに行くこともありましたが、飲み友達というより、音楽で繋がっている時が楽しそうでした」(以下カッコ内、片方さん)

 西城さんの自宅には本格的な音楽スタジオが併設されていて、「遊びに来いよ」ともんたさんを誘っていたそう。当時、西城さんは事務所を独立したばかりで、アイドル時代からのトレードマークだった長髪をカットして、曲も心機一転、新しいものにチャレンジしたいと気合いが入っていた。そこで、もんたさんに曲を作ってほしい、と熱烈にオファーした。

西城秀樹さんといえば、アイドル時代から長髪がトレードマークだったが、この頃、髪をばっさりカット。大人の男のセクシーさが増した。

西城秀樹さんといえば、アイドル時代から長髪がトレードマークだったが、この頃、髪をばっさりカット。大人の男のセクシーさが増した。

 ある日、西城さんのスタジオで、鼻歌のような“でたらめ英語”を歌いながらギターを弾いていたもんたさん。ノリで自然に出てきた言葉が「ギャランドゥ~、ギャランドゥ」だった。

 コードとメロディーが固まってきたら、もんたさんの“でたらめ英語”を日本語に置き換えていく、というのが歌詞をつくる作業だったが、「ギャランドゥ」の部分だけは、どうしてもほかにしっくりくる言葉が見つからなかった。

「おまえに夢中、彼女~」とかいろいろ試してみたが、なんだか決まらない。そこで、もんたさんと西城さんの意見が一致し、「もうこのまま、“ギャランドゥ”でいこうぜ!」となったという。

9月下旬に音楽番組の生放送で、もんたさんも『ギャランドゥ』を熱唱したばかりだった。

9月下旬に音楽番組の生放送で、もんたさんも『ギャランドゥ』を熱唱したばかりだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン