芸能

永野芽郁、初マイバイク「ハーレーダビッドソン」ライド動画が大好評 バイク仕事のオファー殺到間違いなしか

初写真集の発売イベントに登場した永野芽郁

ハーレーに乗った姿を披露した永野芽郁

 俳優の永野芽郁(24才)が11月24日、ハーレーダビッドソン・ジャパンの公式YouTubeチャンネルで公開された『【期間限定公開】永野芽郁さんのハーレーストーリー』という動画に登場。初のマイバイクだという、オリジナルカスタムのハーレーダビッドソン「ストリートボブ 114」の車両決定から初ライドまでの様子を披露し、話題となっている。

 永野にとって「小さい時から憧れていたもののひとつ」だったというハーレー。ショップで車両を選んでいる際も、実際にバイクにまたがって「ゼロ変装で乗りたいもんね。みんな見ろ!私を!って。こんなカッコいいの乗ってたらそうなるよね」とハイテンションだった。

 そして、動画では長野県の諏訪湖の周りを一周し、ドライブの定番でもあるビーナスラインに向かって初ライドを行った永野。「バイク乗っている時の疾走感が好きで、その疾走感を感じながら運転できたのは、初めてにしてはすごく幸せな時間だったんじゃないかなと思います」と喜びの表情を浮かべ、かなり充実したツーリングを楽しめたようだ。

 さらには、「まずはライダーが行ってみたいという場所からどんどん制覇してって、最終的には日本一周なんかしちゃったりして。この子とこれからたくさん旅に出たいと思います」と今後の野望も明かしている。

 動画を視聴したネットユーザーからは、〈初乗りとは思えないほど、ハーレーのライディングがさまになっていてカッコいいですね〉、〈いや、もうほんと、何て言うか、惚れるの一言だよね〉、〈初大型バイク初公道で堂々と走ってる やっぱり女優さんは度胸あるね!〉など、絶賛のコメントが殺到。永野のファンからだけでなく、ライダーからも好評だった。

日本武道館での単独イベントも大成功

 この動画が公開された前日に永野は、日本武道館での単独公演『非公開』を開催。その会場にもこの愛車のハーレーが登場していた。

「永野さんの武道館公演は、“俳優の単独イベント”として前代未聞なものですが、一般発売のチケットが20秒で完売するなど、本当に注目度が高いものでした。このハーレーも含めて、普段の俳優としての活動とは異なる姿を見せるイベントを大成功させたことで、仕事の幅はどんどん広がっていくでしょうね」(テレビ局関係者・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン