国内

【13年間の不在】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか 2年前に目撃した教団施設に入った巨大バス

池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト)

池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト)

 創価学会の池田大作・名誉会長が11月15日に死去していたことを創価学会が同18日に公表した。しかし、訃報までの池田氏の消息を詳らかに知る人物は創価学会内でも少ない。この間の池田氏の動静にノンフィクション作家の広野真嗣氏が迫った。

 * * *
 池田氏は2010年5月までは本部幹部会に出席していたが、翌月の会合にはその姿がなかった。同年11月にアメリカの大学での名誉博士号の授与式に出席したのを最後に、表に出なくなった。

 13年間にわたる“不在”は学会員からも「年齢からして何らかの体調不良でもおかしくない」と囁かれてきたが、内実は謎めいていた。

 2016年の朝日新聞のインタビューで池田氏の体調を問われた現会長の原田稔氏は「元気にしておりますよ。執筆活動などに専念しています」と答えていたが、実際に“動く池田氏”を見ることはできず、その不在は学会員やメディアの関心の的だった。裏返せばそれだけ絶大な存在感があった。

 直に接した“怪物”はどんな人物なのか。「幼少期から250回以上会ってきた」と言うのは、創価学会元理事長の正木正明氏を父に持つライターの正木伸城氏(42)だ。創価中学時代、突然来校した池田氏がゲーム大会を始めた思い出を話した。

「ルーレットで出た番号によって景品をもらえるゲームですが、回す最中から池田氏はいたずらっぽい笑みを浮かべていました。すると案の定、『最初の当選者は池田先生です!』の声にガッツポーズ(笑)。すぐに『というのは冗談で』とばかりに、今度は生徒に当てさせ景品を渡していました。電撃訪問と言いながらわざわざ楽しい茶番を仕込んでくる。人を笑顔にさせることに熱心な人です」

 他方、選挙や教勢拡大には貪欲で「勝利至上主義」の布教活動現場の学会員の活力だった。学会活動に熱心な企業経営者の男性(60)はこう語る。

「俺は池田先生の『人間革命』を読んで人生変わった。先生が勝ち目のない敵地でも乗り込んで行って戦う姿に心を打たれたから。戦う実践ってところが、哲学の本とかと違う。先生の言葉に従って選挙の実践をしていると、人生がいい方向に行っているのがわかる」

 この男性の話が興味深いのは、池田氏に倣って選挙で勝つことが、宗教的な価値になると自然に感じている、という点だ。

 池田氏が1960年に三代会長に就任した際には140万世帯だった会員数がその後、現在の規模にまで急膨張を遂げたのは、この池田氏の求心力によるところが大きかった。“選挙勝利”が宗教的な価値と合体する独特のメカニズムは理屈というより、池田氏の個性の中でこそ結びつく物語なのだ。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン