スポーツ

元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか

相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)

相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)

 連日、満員御礼の続いた九州場所だが、親方衆の興味は土俵上とは別のところにあった。来年の1月場所後に行なわれる相撲協会の理事選である。出馬に野心を見せていた元横綱・白鵬の宮城野親方(38)が、本誌『週刊ポスト』の直撃になんと“不出馬”を表明。何が起きたのか。

 福岡国際センターでの11月場所5日目の打ち出し後、理事選出馬を宮城野親方に直撃すると、「出ません」と一言。問いを重ねても「出ません」と繰り返し、浅香山親方(元大関・魁皇、51)を理事に推す伊勢ヶ濱一門の方針に従うのかと問うと、「はい。そうです」と応じた──。この本誌の直撃取材をNEWSポストセブン(11月17日付)で報じると、角界関係者に衝撃をもって受け止められた。

 相撲協会の理事は定員10人で、角界に5つある一門(出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ヶ濱)がそれぞれの“利益代表”として理事を擁立。2年に一度の理事選は、事前の一門内の調整により無投票で終わるのが慣例だ。しかし、宮城野親方は“一門の論理”に反目するとみられていた。

「今年の5月場所中、所属する伊勢ヶ濱一門の食事会で白鵬が『来年の理事選に出るつもりです。一門の親方衆に迷惑はかけません』と宣言したのが騒ぎのきっかけ。メディアも白鵬の“野心”を報じて、注目を集めていました」(ベテラン記者)

 小所帯の伊勢ヶ濱一門が擁立できる理事は1人。前回当選した伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士、63)が今年1月に不祥事で降格となったが、協会は理事の補選を行なわず、同じ一門の浅香山親方を役員待遇に昇格させて審判部副部長の要職に配した。一門の後継理事とするレールが敷かれたわけだが、「そこに白鵬が出馬を宣言して割って入ろうとしていた」(同前)のである。

執行部が“包囲網”

 理事選で投票権があるのは105(現在は「音羽山」が空席で104)ある年寄株を持つ親方衆だ。2010年には貴乃花親方が強行出馬し、一門の枠を越えて票を集めて当選した“貴の乱”の先例がある。宮城野親方は同様のかたちで当選を目指したが、

「“貴の乱”は八角理事長(元横綱・北勝海、60)と貴乃花親方の苛烈な闘争につながり、敗れた貴乃花親方は協会を去った。その再現に戦々恐々となった執行部サイドが今回は切り崩しを許さなかった」(前出・ベテラン記者)

 というのである。

「白鵬に近い親方衆も、“貴乃花のようになってはいけない”と説得したといいます。白鵬の引退時に年寄名跡の手配に尽力した朝日山親方(元関脇・琴錦、55)まで猛反対していた」(若手親方)

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン