スポーツ

大関・霧島「綱取りムード」の盛り上がりが貴景勝と大違い 勝ち星の数だけでなく“親方の立場の違い”も影響

大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)

大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)

 大相撲11月場所は13勝2敗で大関・霧島が2度目の優勝を果たし、来場所は横綱昇進に挑むことになる。一方、9月場所で優勝した大関・貴景勝は9勝6敗に終わったが、両者の「綱取り」を巡るムードに大きな違いがあるのは、なぜなのか。二所ノ関一門の親方のひとりはこう言う。

「霧島は14日目の2敗対決となった熱海富士戦を真っ向勝負で制し、千秋楽も貴景勝に勝利して13勝での優勝となった。9月場所の貴景勝が11勝での優勝だったとはいえ、その時のムードとは明らかに違う。

 冷静に考えれば、霧島もカド番だった9月場所は9勝6敗。今場所は一転、13勝をあげたが、安定した成績とは言えない。にもかかわらず、“師匠の陸奥親方(元大関・霧島)にとって定年前の最後の場所となる来年3月場所で、愛弟子が横綱として土俵に上がれるのでは”と協会幹部らも盛り上がっている。

 師匠の定年をタイムリミットとするなら、来場所で横綱に昇進しなければならない。もちろん優勝の必要はあるが、優勝同点でも上げそうな勢いです。“全勝優勝でも昇進はない”と囁かれた9月後の貴景勝の時とは全く違う」

 貴景勝は11勝での優勝だったことに加え、熱海富士との優勝決定戦で左に変化してはたき込みで優勝を決めたことが批判の対象になった。とはいえ、13日目の本割での熱海富士との一番では、立ち合いのぶちかましから突き放し、いなした貴景勝が寄り切りで勝っている。なぜここまでムードが違ってくるのだろうか。相撲担当記者はこう言う。

「突き押し一辺倒で、組むとほぼ勝ち目がない貴景勝に対して、霧島は左四つで組み止めれば寄りや投げといった多彩な技を持つ。どちらが横綱相撲然としているかは明らか。そもそも、安定感に欠ける押し相撲一本で横綱になったケースなどないでしょう。

 もろ手突きを武器にしていた曙も右四つで相撲が取れたし、北勝海(現・八角理事長)も押し相撲が武器だったが、左四つからの寄り切りや両前まわしを掴んで一気に前に出る相撲を取った。猛牛と呼ばれた琴桜もぶちかましから左のど輪、右おっつけを得意にしながら、右四つでも相撲が取れた。貴景勝のように突き押し一辺倒ではない。

 貴景勝は四つ相撲を覚えようとしたこともあるが、2019年5月場所の御嶽海戦でもろ差しからすくい投げを打って右膝をケガしたこともあってか、押し相撲だけで横綱を目指すと明言するようになった。相撲協会としては突き押しばかりの貴景勝を横綱にして、短命に終わることを恐れている面もあるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン