スポーツ

大関・霧島「綱取りムード」の盛り上がりが貴景勝と大違い 勝ち星の数だけでなく“親方の立場の違い”も影響

大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)

大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)

 大相撲11月場所は13勝2敗で大関・霧島が2度目の優勝を果たし、来場所は横綱昇進に挑むことになる。一方、9月場所で優勝した大関・貴景勝は9勝6敗に終わったが、両者の「綱取り」を巡るムードに大きな違いがあるのは、なぜなのか。二所ノ関一門の親方のひとりはこう言う。

「霧島は14日目の2敗対決となった熱海富士戦を真っ向勝負で制し、千秋楽も貴景勝に勝利して13勝での優勝となった。9月場所の貴景勝が11勝での優勝だったとはいえ、その時のムードとは明らかに違う。

 冷静に考えれば、霧島もカド番だった9月場所は9勝6敗。今場所は一転、13勝をあげたが、安定した成績とは言えない。にもかかわらず、“師匠の陸奥親方(元大関・霧島)にとって定年前の最後の場所となる来年3月場所で、愛弟子が横綱として土俵に上がれるのでは”と協会幹部らも盛り上がっている。

 師匠の定年をタイムリミットとするなら、来場所で横綱に昇進しなければならない。もちろん優勝の必要はあるが、優勝同点でも上げそうな勢いです。“全勝優勝でも昇進はない”と囁かれた9月後の貴景勝の時とは全く違う」

 貴景勝は11勝での優勝だったことに加え、熱海富士との優勝決定戦で左に変化してはたき込みで優勝を決めたことが批判の対象になった。とはいえ、13日目の本割での熱海富士との一番では、立ち合いのぶちかましから突き放し、いなした貴景勝が寄り切りで勝っている。なぜここまでムードが違ってくるのだろうか。相撲担当記者はこう言う。

「突き押し一辺倒で、組むとほぼ勝ち目がない貴景勝に対して、霧島は左四つで組み止めれば寄りや投げといった多彩な技を持つ。どちらが横綱相撲然としているかは明らか。そもそも、安定感に欠ける押し相撲一本で横綱になったケースなどないでしょう。

 もろ手突きを武器にしていた曙も右四つで相撲が取れたし、北勝海(現・八角理事長)も押し相撲が武器だったが、左四つからの寄り切りや両前まわしを掴んで一気に前に出る相撲を取った。猛牛と呼ばれた琴桜もぶちかましから左のど輪、右おっつけを得意にしながら、右四つでも相撲が取れた。貴景勝のように突き押し一辺倒ではない。

 貴景勝は四つ相撲を覚えようとしたこともあるが、2019年5月場所の御嶽海戦でもろ差しからすくい投げを打って右膝をケガしたこともあってか、押し相撲だけで横綱を目指すと明言するようになった。相撲協会としては突き押しばかりの貴景勝を横綱にして、短命に終わることを恐れている面もあるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン