芸能

【本人がコメント発表】紅白出場の歌い手・まふまふ ネットで誹謗中傷を書き込んでいたのは「元妻」だった 開示請求で判明、泥沼裁判の哀しい事態 結婚と離婚を公表

黒いマスクがトレードマーク

黒いマスクがトレードマーク

 2021年の『NHK紅白歌合戦』でお茶の間に衝撃を与えた歌い手「まふまふ」。人気絶頂のなか、翌年、無期限活動休止を発表した彼は、インターネット上の誹謗中傷と向き合っていた。1月25日発売の『女性セブン』が、彼が巻き込まれていた騒動を報じたところ、26日になってまふまふ本人がブログで『女性セブンに掲載されている記事に関しまして』と題してコメントを発表した。

〈報道されている「結婚して離婚したこと。そのお相手へ訴訟を起こしていること。」についてお話をします。まず記事にある通り、私には元々婚姻関係にある方がいらっしゃいました。今まで公にお伝えできず、結果としてみなさんを騙す形となってしまい、本当にごめんなさい。2021年の夏前から交際をはじめ、その12月末に入籍をし、2022年7月に離婚をしました。〉

 まふまふはコメントでそう切り出した。一体、何が起きていたのか──。

 * * *
 スレンダーな体形、きれいに染め上げられたシルバー系の髪、透明感のある肌に黒いマスクがトレードマークのその男性は、一度見たら目に焼きついて離れない容姿を持つ。彼の名は「まふまふ」だ。

 独特な世界観の歌詞を繊細な声で歌い上げる彼は、若者からの絶大な支持を受け、2021年の『NHK紅白歌合戦』に歌い手として初出場を果たした。歌い手とは、主にYouTubeなどインターネット上で、録音した音源を発表することをメインとし、歌手を本業としない人たちも含む。

 まふまふも歌だけでなく、作詞、作曲、編曲など活動の場が広く、YouTubeチャンネルの登録者数はなんと355万人、X(旧ツイッター)のフォロワーは約215万人。時代の風にのる順風満帆な人生のようにも見えるが、2023年6月までの約1年間、活動休止を余儀なくされていた。その裏で、彼は意外な人物との深刻なトラブルに見舞われていた──。

 まふまふが全国区の人気を得たのは、前述の紅白歌合戦の出場がきっかけだ。それまで徹底して着用を続けたマスクを出演の際に外し、素顔を公開したことも話題となった。「元ひきこもり」を公言している彼は、2010年から動画共有サイト「ニコニコ動画」内で「“歌ってみた”動画」の投稿を始めた。サイト内に居並ぶ実力派シンガーの中でも目を見張るほどの歌唱力は、瞬く間に話題を呼んだ。

 作詞や作曲も次々に手がけるようになり、ドラマやアニメ主題歌のほかCM、ゲーム、アーティストへの楽曲提供を行うなど活動の幅を広げ、2017年には初のワンマンツアーを開催。2019年には埼玉・メットライフドームでのライブで3万5000人を動員した。

 人気の秘密は、囁くような声から力強いシャウトまで変幻自在な美声を武器にした歌唱力と、彼が展開する独特な世界観にある。厭世観や死生観を象徴するような歌詞が特徴的で、10~20代の若者に絶大な人気を誇っているのだ。一方で、プライベートは厚いベールに包まれている。恋愛ドラマの主題歌を作った際、自身の恋愛観についてこう話した。

《僕自身は恋愛をしていないですし、仮に恋愛できる条件が揃っていたとしても、しません。することができないのです》(『cut』2021年8月号)

「恋愛ができない」と断言していたまふまふだが、実は知られざる過去が存在するという。

「『恋愛ができない』というのはファンに向けたリップサービスなんだと思います。まふまふさんは以前、同世代のAさんと結婚していましたから。ただ2022年の早い段階で離婚が成立している。それにもかかわらず、詳細はわからないのですが、いまでもまふまふさんは彼女と揉めているようで……」(Aさんを知る芸能関係者)

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン