芸能

【やる気を削ぐのが働き方改革?】ドラマ『不適切にもほどがある!』令和への痛烈批判「テレビをつまらなくした犯人」は

「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)

「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)

 放送のたびに大きな反響を呼ぶ宮藤官九郎脚本のドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系、毎週金曜夜10時)。1986年(昭和)と2024年(令和)の日本を行き来しながら、それぞれの時代の“当たり前”を面白おかしく対比することで、視聴者に様々な感情を呼び起こしているようだ。そうしたなか、テレビ局出身のジャーナリストで上智大学教授の水島宏明氏は、テレビ局の「働き方改革」がテーマだった第2話放送を受け、「テレビの劣化」を意識させられたという。水島氏が解説する。(以下、番組内容に一部触れる箇所があります)

 * * *
 TBS『不適切にもほどがある!』は痛快なドラマだ。「これって自分が感じていたことでは?」──そのように思わず溜飲が下がった人も少なくないだろう。世の中は令和──。昭和の頃に比べて何事も便利になり、個人の権利もかなり認められるようになって社会は前進している……はずなのに、どこか閉塞感が漂って景気が悪いままの“令和”の日本に対する痛烈な時代批判が満載なのだ。

 ドラマは阿部サダヲが演じる“昭和の体育会系パワハラ&エロ親父”の小川市郎が令和の2024年にタイムスリップして、1986年の視点から見た違和感を率直に表明する。「おかしくないか!?」と異議を唱えていく物語だ。

 第2話(2月2日放送)はテレビの現場の“矛盾”を突きつける回だったように思う。簡単にあらすじを振り返ってみよう。

 テレビ局でバラエティ番組のアシスタント・プロデューサーを務める犬島渚(仲里依紗)は、長男を出産して産休明けで職場復帰する。折しもテレビ局は「働き方改革」を推進し、仕事は「一人で抱えこまない」がキャッチフレーズ。「シフト勤務」を推奨中だ。上司から新人社員に仕事の引き継ぎをするよう指示され、息子を預ける局内の託児室と職場を1日5往復して業務を説明する渚。だが新人は2本収録の1本目が終わると「シフト勤務なのでここまで」と帰ってしまう。2人目の新人が交替で来るものの、やはりシフトを理由に番組終了後、片付けもせずに帰っていく。

 渚の夫の谷口(柿澤勇人)はテレビ局のニューヨーク特派員だったが、現在はフリーとして配信チャンネル『正論』で発信する“正論オトコ”だ。「ゴミの分別」「男性の育児参加」「働き方改革」など正論を吐く。谷口も上司も「一人で抱え込まないで……」と渚をいたわる。しかし、ワンオペ育児と仕事をこなす渚には人に教える手間暇も惜しく、「一人で抱え込んだほうがマシ」と猛反発。現実の制作現場でも、確かに「働き方改革」の推進でかえって仕事が増える構図がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
若き日のダルビッシュ有を知る指導者たちからの証言(写真=USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
歴代指導者が語るダルビッシュ有「日米通算200勝」までの道程 中学時代から練習の目的を理解、大きく成長した日ハム時代の中継ぎ経験
週刊ポスト
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
政治とカネの最大タブー「官房機密費」
【政治とカネ問題の“最大の聖域”】『官房機密費』の決裁権を持つ元官房長官が核心証言「選挙の陣中見舞いに使った」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン