(番組ホームページより)

9日夜放送の第3話は「令和の情報番組」、「昭和のバラエティ」がネタに?(番組ホームページより)

テレビ番組を「ツマラナイ」ものにしたのは…

 さて、ドラマ『不適切にもほどがある!』ではかつて視聴者がワクワクしてテレビを見ていた時代のオマージュがところどころに発揮されている。日本テレビ系『11PM』、テレビ朝日系『トゥナイト』などがセリフで出てくるし、フジテレビ系『オレたちひょうきん族』が30%近い視聴率を稼ぐ時代でもあった。

 市郎がタイムスリップした1986年当時と比べてみた時にテレビ番組をツマラナイものにしたのは「働き方改革」だけではない。コンプライアンス重視の考え方が広がったこと、SNSなどで「不謹慎」が叩かれてしまう世の中になったことなど背景はいくつかある。1986年当時は存在していなかった動画投稿サイトに視聴者を奪われたことも大きい。テレビの他に選択肢が増えて、人間が24時間しか持っていない「可処分時間」の奪い合いとなっている現状がある。

 それでもドラマ第2話で渚が指摘したように、面白いものを作ろうとするテレビ局の「(制作者の)心がない」状態に変化したことはかなり大きな要因だと思う。このことに改めて気がつかせてくれた回だった。

 ちなみにこのドラマは仕掛けも巧妙だ。毎回ところどころに「この作品には不適切な台詞や喫煙シーンが含まれていますが、時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み、1986年当時の表現をあえて使用して放送します」という“お断り”(!)が出てくる。あくまで「時代」を描いたものである、というエクスキューズである。ドラマのタイトルで「不適切」を強調しているのもこのためだろう。

 第1話は無料配信の総再生数でTBSの金曜ドラマとして歴代1位を記録したというのもうなずける。名手・宮藤官九郎の脚本を阿部サダヲや仲里依紗、吉田羊ら少しクセ強めの俳優たちが演じるのも楽しみだ。

 予告を見ると第3話もテレビ局の情報番組などが舞台になっているらしい。今後はテレビのどんな「不適切」が描かれるのだろうか。

【プロフィール】
水島宏明(みずしま・ひろあき)/1957年北海道生まれ。札幌テレビで生活保護の矛盾を突くドキュメンタリー『母さんが死んだ』や准看護婦制度の問題点を問う『天使の矛盾』を制作。ロンドン、ベルリン特派員を歴任。日本テレビで「NNNドキュメント」ディレクターと「ズームイン!」解説キャスターを兼務。『ネットカフェ難民』の名づけ親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。2016年から上智大学文学部新聞学科教授(報道論)。放送批評誌「GALAC」前編集長。近著に『メディアは「貧困」をどう伝えたか 現場からの証言:年越し派遣村からコロナショックまで』(同時代社)、『内側から見たテレビ─やらせ・捏造・情報操作の構造─』(朝日新書)、『想像力欠如社会』(弘文堂)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン