(時事通信フォト)

「正しいだけで心がない」というセリフが「働き方改革」の矛盾を突いた(時事通信フォト)

「働き方改革」に突きつけた「制作者の心」の問いかけ

 続いて、渚が上司の瓜生プロデューサー(板倉俊之)との間に繰り広げる会話バトルも大きな見どころだ。渚は突然、ちあきあおみの『四つのお願い』の替え歌を歌い出す。「お願い」には「ペーパーレスは急がないで」もあって、瓜生Pが「上層部がペーパーレスを推進している」と言い訳すると、渚の反撃がとてもリアルだ。

(渚)「その上層部が対応できていない。『台本は紙でくれ』『映像資料はDVDに焼いてくれ』と。そのたびに私たちの仕事が増えるんです!」

 この後で渚が語った言葉が“テレビの制作現場”と「働き方改革」との矛盾を言い当てていた。

(渚)「多少、残業になっても、部下の企画書を読む時間くらい、つくってください。それくらいの融通。計らい。遊び。それないと面白いもの(=テレビ番組)なんか生まれません」
(谷口)「そうやって例外を認めたら、過労死が出るんだよ」
(渚)「社員のやる気を削ぐのが働き方改革ですか?」
(谷口)「限られた時間と予算の中で最大限の努力をしろと言っている。いいかい。僕は君に職場復帰しろとは言ったけど、面白いものを作れとは言っていないよ」
(渚)「あんたは正しいだけで心がない」

「正しいだけで心がない」というセリフこそ、テレビの取材・報道現場での「働き方改革」の問題を正確に言い表す言葉はないと筆者は感じる。

 テレビの取材・制作現場では、長く働いてこそ覚えていくスキルや気づきが少なくない。少なくともある程度以上の年代になれば、長く働いていって番組などが向上していく経験をした人間が数多くいる。取材や編集などでじっくりとその問題や映像とにらめっこするうちにアイデアなどが生まれていく。ただ長く働いていればいいという単純なものではないことは強調しておきたいが、自分が熱意やこだわりを持って長い時間かけてテーマに取り組むことがテレビ番組をより面白くしたり、活性化させたりすることが実際にあることは経験的な事実である。

 働き方改革は「正しいだけで心がない」。これが働き方改革でテレビなどの制作・報道現場で起きてしまっている“負の側面”といえる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン