スポーツ

【ファミリーの中傷は断固許さない】大谷翔平、SNSで異例の注意喚起 高校時代から変わらない“ファミリー”を守る行動

大谷翔平の「報道否定」の理由とは

大谷翔平の「報道否定」の理由に、守る行動も(写真/ZUMA Press/AFLO)

 チームカラーの青一色に染まったロサンゼルスのドジャースタジアムは、新加入のスーパースターを大歓声で迎え入れた。2月3日(日本時間4日)、ドジャースのファン感謝イベントが開催され、大谷翔平(29才)がファンの前に初めて姿を見せた。

「イベントで大谷選手は、愛犬のデコピンを球場に連れていく考えがあることや、好きな食べ物がたこ焼きなどとにこやかに話していました。ファンの大歓声を受けて、大谷選手が“ドジャースの一員になったと感じている”と話すと、割れんばかりの拍手が送られていました」(スポーツ紙記者)

 和やかな雰囲気で進んだ感謝祭の裏で、現地の記者らは大谷の“変化”に注目していた。

 事の発端は日本メディアが報じた2つの記事だった。『週刊女性PRIME』は1月29日、《「年末年始を共に過ごし、会員制スーパーへ」今オフの帰国は数日間だけ 弾丸帰国でリハビリに励む大谷翔平がLAに招いた「大切な女性」》とのタイトルで、大谷が両親をロサンゼルスに招いたと報じた。

 一方、1月31日には『女性自身』がウェブで《大谷翔平 チアリーダーにモテすぎて一平夫人当惑…元チアリーダーが猛アプローチ》と題し、通訳の水原一平氏の妻がかつての同僚女性から「大谷選手を紹介して」と頼まれて困っているとするニュースを配信した。

「『女性自身』の報道直後、大谷選手は自身のインスタグラムのストーリーズに2誌のネット記事をアップして、《一平さん夫妻にこの様な事実は一切ありません。》《事実とは異なる報道が多数ありますので皆さまご注意ください。》とフォロワーに呼びかけました。大谷選手が報道を否定するようなアクションをするのは、これまで聞いたことがありません」(前出・スポーツ紙記者)

 10年総額7億ドル(約1000億円)というプロスポーツ史上最高額の契約を結んだ大谷は、いまや名実ともに世界最高の選手のひとりになった。ドジャースはメジャーリーグ屈指の人気球団ということもあり、大谷フィーバーは最高潮を迎えている。

「メディアは大谷選手のどんなネタでも拾おうと取材を続けています。ですが、彼はエンゼルス時代から“メディア嫌い”で記者泣かせでした。そこで各メディアはドジャースに対して“もっと大谷選手の取材機会を増やしてほしい”との要望を出しています。当然大谷選手にもメディアの希望は伝わっていて、自分に対する報道が過熱気味であることを自覚していると思います」(在米ジャーナリスト)

 日本のメディアに限らず、今後、取材対象が水原氏や大谷の両親、知人らに及ぶことも考えられる。

「大谷選手は注目される自分の立場をわかっているでしょうし、どんな記事が出ても覚悟の上だと思います。自分を厳しく律し、派手に遊ぶこともない。スキャンダルは絶対ないという自信もあるでしょう。

 ただ水原氏や両親は表舞台に立つ人ではないし、ニュースに取り上げられることに対する免疫もない。報道が過熱しすぎる前に、“ファミリーの中傷は断固許さない”という姿勢を示したかったのでしょう」(前出・在米ジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト