芸能

【全文公開】堂本剛、契約更新せず退所へ ソロ活動しながら「特殊な関係」光一とKinKi Kidsは継続か

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か

 演技力と歌唱力に優れる異能のアイドルが大きな岐路に立っている。かつてはタレントとしてのあり方に悩んだ堂本剛(44才)も不惑を過ぎ、電撃結婚を発表したばかり。事務所の中でも独自の路線を歩んできた彼が、最高のビジネスパートナーと恩人への感謝を胸に下した決断とは──。

 華やかなゲストを迎え、軽妙な語り口で番組を進行していく2人のアイドル。MCとして、1人は場を盛り上げ、もう1人は飄々と振る舞う。しかし、いつも通りに見える男の目には、ある決意が宿っていた。

 9年半続いたバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)が3月いっぱいで幕を下ろす。最終回の収録には、2人の超人気女優をゲストとして迎え、2月上旬にロケが行われたという。

「フジテレビで1996年にスタートした『LOVE LOVE あいしてる』以来、形を変えて続いてきたKinKi Kids(以下、キンキ)のレギュラー番組が終わります。それぞれの番組の歴史はキンキとしての2人の歩みと重なるだけに、ファンからは残念がる声が多数あがっていました」(テレビ局関係者)

 堂本剛と堂本光一(45才)。奇しくも同じ年に生まれ同じ姓である2人はこの間、同世代のグループが解散や活動休止に直面する中で、淡々と一緒の時を刻んできた。

「事務所の中でも珍しい2人組で、早い時期からそれぞれ独自の活動にも取り組んでいました。特に剛さんは故・ジャニー喜多川氏のスペシャルなお気に入り、通称“スペオキ”と呼ばれ、事務所内でも異色の存在でした。ジャニー氏が亡くなったときには《涙は流さずにこの体と心へと彩って あなたを愛しているという 変わらない毎日を大切に生きていくよ 愛しているよ ありがとう 宇宙一大好きだよ》と追悼のコメントを寄せています」(芸能関係者)

 一方、長年ミュージカル『SHOCK』シリーズの座長を務めてきた光一もまた、ジャニーイズムの継承者と目されてきた。

「20年以上主演を務めるだけでなく、脚本、演出など舞台上のすべてにかかわり、このシリーズは光一さんのライフワークとなってきました。

 今年の公演で区切りとすることを公言していますが、年内に単独主演による公演回数の最多記録を更新する予定です」(前出・芸能関係者)

 そんな2人を襲った最大のピンチが、昨年騒動となったジャニー氏による性加害問題。2人の対応は対照的だった。

「明言を避け、いわば沈黙を保った剛さんに対し、光一さんは『バツをつけて十字架にしていかなければいけない』と、激しい言葉でジャニー氏を非難。

 さらに光一さんは『発信しない=被害を受けたタレントということではない』と踏み込み、剛さんをはじめ、発信しないほかのタレントへの配慮を滲ませました」(別の芸能関係者)

 社名を「SMILE-UP.」に変更し、新たに出直すことになった事務所からは、二宮和也(40才)や岡田准一(43才)など、同世代の仲間が次々と退所を決断。剛の心にも退所の二文字がよぎるようになった。

「剛さんは以前から『ジャニーさんが亡くなったら、事務所をやめる』と語っており、体制が大きく変わったこともあって、昨年から自身の身の振り方を周囲に真剣に相談していた。

 実は、剛さんはこの2月中に契約更新のタイミングを迎えるそうなんですが、更新せずに退所する意思を固めたと聞いています」(前出・別の芸能関係者)

 年明けには、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(29才)との結婚を電撃的に発表。生涯の伴侶を得たことも今後を考える大きなきっかけになったようだ。

「結婚発表まで交際が事前に漏れることがなかったふたりですが、交際期間中、同じマンション内の互いの部屋を行き来し、愛を育んだそうです。剛さんが設立する個人事務所を百田さんの親族がサポートしていくという話も聞こえています。“家族ぐるみ”で剛さんの活動を支える体制も整えているのかもしれませんね。

 退所については現在も事務所と最後の協議を重ねているところですが、剛さんの決意は揺らがないともっぱらです」(前出・別の芸能関係者)

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン