芸能

【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道

木村拓哉と香取慎吾の仲

木村拓哉と香取慎吾の仲

 SMAPが国民的グループと呼ばれる前から裏方として支えてきた名物プロデューサーがこの世を去った。故人の願いは、いつの日か5人が再び同じ舞台に立つことだったという。危篤の知らせを受け、時間差で駆けつけた彼らは病室で何を語り合ったのか──。

 5人の名前が一堂に並ぶのはSMAPが解散して以来約7年ぶりのことだった。2月17日の夜、54才の若さで急逝したフジテレビの名物プロデューサー・黒木彰一さんの通夜が営まれ、祭壇に中居正広(51才)、稲垣吾郎(50才)、草なぎ剛(49才)、香取慎吾(47才)、そして木村拓哉(51才)の供花が飾られた。

 AD時代に『夢がMORIMORI』を手がけ、プロデューサーとして『笑っていいとも!』や『SMAP×SMAP』(以下スマスマ)などを担当した黒木さんは、森且行(50才)を含むSMAPの6人にとっては兄貴分のような存在だった。

「温厚な人柄で、メンバーやスタッフから“クロキン”と呼ばれていました。SMAP解散後も香取さんの『おじゃMAP』や木村さんと明石家さんまさんの正月番組『さんタク』、『まつもtoなかい』などの制作にかかわり、元メンバーと濃密な時間を過ごしてきました」(フジテレビ関係者)

 白血病を患い、約2年前から入院生活を送っていた黒木さんを励ますため、中居は何度も病院を訪れた。

「2月上旬に黒木さんが危篤状態に陥った際も、香取さん、草なぎさんと連れ立って面会に行っています。稲垣さんも仕事を終えた後で病院に駆けつけ、1人ずつ病室に入って会話を交わしたそうです。木村さんも4人とは別の日ですが、病院に行って最後の挨拶をすることができたと聞いています」(前出・フジテレビ関係者)

 2016年12月31日に、28年間の活動に幕を閉じた国民的グループSMAP。解散後も再結成や“一夜限りの再集結”の話題がたびたび取り沙汰されてきたが、いまだ公の場で全員が集まったことは一度もない。彼らの心情を深く理解する黒木さんも、5人が再び同じステージに立つことを待ち望むひとりだった。

「スマスマのチーフプロデューサーを務め、最終回まで彼らを見守った黒木さんにはメンバーそれぞれの忸怩たる思いが痛いほどわかっていた。中居さんはSMAPできちんとした形での“幕引き”ができなかったことを後々まで悔やんでいました。

 一方で、5人揃っての独立に同調しなかったことで裏切り者という見当違いのそしりを受けた木村さんのつらい立場も理解していました。黒木さんは、悲劇的な最終回を迎えたスマスマの特番を5人が再び集まる形でもう一度やりたいと考えていたそうです。中居さんたちにもその考えを伝え、実際に過去に何度かチャンスがあったようですが、実現には至りませんでした」(別のフジテレビ関係者)

 通夜当日、中居と稲垣、草なぎ、香取の4人は時間差で斎場に入り、ほかの弔問客が帰った後もしばらく遺影の前に立ち尽くしていた。「会場のスタッフから声をかけられるまで、4人でしんみりした様子で故人をしのんでいたそうです。木村さんも当初は通夜に行くことを望んでいましたが、仕事の都合で叶わなかったといいます」(芸能関係者)

 昨年4月、香取と中居の共演が実現した『まつもtoなかい』の収録現場で、香取が木村の話題に言及していたことは本誌『女性セブン』既報通り(2024年2月29日・3月7日号)。当時、プロデューサーとしてクレジットされている黒木さんは病床に伏していたが、2人の共演を誰よりも喜んでいたという。

「台本はあってないようなもので、約6年半ぶりに共演した中居さんと香取さんのフリートークにはぎこちないところもありました。次第に、かつてのような息の合ったやりとりが始まったと思ったら、香取さんが突然、木村さんの名前を挙げてスタジオに緊張が走ったのです。固唾をのんで見守ることしかできなかったスタッフも、中居さんが笑顔になったことで安堵したのだとか。

 そのときの木村さんについてのやりとりは、時期尚早と考えた中居さんの判断でカットされ、後に未公開シーンが放送された回でも触れられていません。それでも、長らく不仲説がささやかれてきた香取さんと木村さんの間に、もはや何のわだかまりもないことを示す出来事でした」(前出・別のフジテレビ関係者)

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト