芸能

有働由美子、“相手がいなくても”不妊治療にのぞんだ過去を告白 将来に備えて卵子凍結を考える女性は増加 指原莉乃も実践

有働由美子アナの人生は戦いの連続とも

有働由美子アナは不妊治療を経験

 彼女の人生は、闘いの連続だった。時には他人に明かしたくない経験も赤裸々に話し、共感を呼んだ。そんな有働由美子(55才)の勇姿に励まされた人も数多くいただろう。そしてまた、今回の告白も多くの女性たちへの大事なメッセージとなりそうだ。

「40才になって、なんか調子悪いなと思ったら『いますぐ仕事辞めへんかったら、子供産めなくなるよ』と言われて。それでも辞めなかったんですけど、3年ぐらい不妊治療を。相手もおらへんのに、毎日注射打って……」

 3月23日の『おしゃべり小料理ゆみこ』(MBS)で有働由美子は、出産について悩んだ過去をそう打ち明けた。有働は2007年、38才のときにNHKのアメリカ総局に特派員として勤務した。アナウンサー職のまま特派員になるのは、NHKの歴史で初めてのことだった。

「有働さんはバリバリ仕事をこなし、バイタリティーにあふれていました。ただ、ストレスやプレッシャーは相当あったと思います。自分の体調はほったらかしで仕事に没頭し、生活は不規則。ずっと寝不足状態だったそうです。気づくと、めまいやほてりに悩まされるようになり、生理は止まっていたようなんです。ニューヨークの婦人科で『ストレスがたまって更年期が早まったのではないか』と診断されたと本人が明かしていました」(芸能関係者)

 日本産科婦人科学会によると、日本人の平均閉経年齢は約50才とされている。ただ個人差が大きく、遺伝的な要因もあるため、早いと40代前半で閉経するケースもある。前述の番組で有働は、未婚の上、「相手もおらへんのに」と、恋人がいなくても不妊治療にのぞんだことを告白。これに一部の視聴者は困惑したようだ。番組放送後、インターネット上では、

《独身で不妊治療はできないのでは?》
《どんな治療がどこまでできるの?》

 などといった疑問の声が飛び交った。

「無力感と失敗感」


 近年、「不妊治療」への関心は高まっている。医療法人オーク会の医師で、不妊治療を専門とする田口早桐氏が解説する。

「一般的には、妊娠を希望している男女が、避妊をせずに性交渉しているのに、1年間妊娠しない場合を『不妊症』としています。その状態から、妊娠に至るまでの治療を不妊治療と呼びますが、大別すると『タイミング法』『人工授精』『体外受精』の3つがあります」

 タイミング法は、排卵に合わせて性交渉を持つこと。不妊治療の中ではもっとも自然妊娠に近いといえる。一方、人工授精は排卵に合わせてパートナーの精子を子宮の入り口から直接注入する方法。こちらも、受精と着床の過程は自然妊娠と同様となる。

「もう1つの『体外受精』は、体内から取り出した卵子を受精させ、培養して発育させてから子宮に戻します。順調に育っている受精卵を選べる一方、卵子を採る際には腟から卵巣に針を刺すため、多量の出血や感染症などのリスクがあります」(前出・田口氏)

 現在、パートナーがいないことを告白した有働は、どんな治療を受けたのだろうか。ある都内の産婦人科医の話。

「婚姻の有無にかかわらず不妊治療を行っているクリニックは少なくありません。まず、未婚でパートナーがいる場合は、不倫ではないこと、つまり“ほかに法的婚姻関係がないこと”を証明するために戸籍謄本などを提出すれば、互いの現住所が異なっていても、既婚者と同様の検査や治療が受けられるクリニックはあります。一方で、未婚で恋人がいない女性に向けた手段もあります。その代表的なものが『卵子凍結』です」

 前出の田口氏が続ける。

「卵子凍結の目的は、加齢による影響を受けていない、質の高い卵子を保存しておくことです」

 冒頭の番組で、有働は注射を打っていたことを明かした。

「妊娠のためには、成熟した卵子が重要です。排卵障害などなんらかの理由で成熟した卵子が排卵されない場合などには、排卵誘発剤を使用します。排卵誘発剤には経口薬もありますが、注射の方が効果が高い。また、皮下注射なので自分で行うことが可能ですから、頻繁にクリニックに通う負担が軽減されます。

 恐らく有働さんが受けていた不妊治療とは、卵子凍結を目的とした排卵誘発剤の投与なのかもしれません」(前出・都内の産婦人科医)


関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト