スポーツ

羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か

羽生結弦の勝利の女神が休業

羽生結弦の衣装を手掛けたデザイナーが休業

 美しい衣装をまとった彼が氷上で妖艶に舞うたびに、会場からはため息がもれた。4月7日と9日、羽生結弦(29才)が故郷の宮城県で開催したアイスショー「RE_PRAY」の追加公演は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 プロとして表情には出さないが、このとき彼は、心中穏やかではいられなかったはずだ。

《2025-26シーズンをもってしばらく休業いたします》──4月2日、彼の衣装を長年手掛けてきたデザイナーの伊藤聡美さんが、自身のインスタグラムで突然休業を発表したのだ。

「伊藤さんは、国内外の一流スケーターたちの衣装を手掛ける人気デザイナー。『RE_PRAY』で羽生さんが着用した衣装も、その多くが伊藤さんによるもので、公演では羽生さんが衣装に大切そうに手を当てる場面もありました。実は伊藤さんは3月中旬にご自身のX(旧ツイッター)のアカウントを突然削除されていて……彼女に何があったのでしょうか」(フィギュアスケート関係者)

 羽生と伊藤さんの出会いは10年前に遡る。14-15年シーズンのプログラム「オペラ座の怪人」以降、毎年衣装を制作してきた。

「フィギュアスケーターにとって衣装は演目の一部ともいえる重要なものです。ただ華やかであればいいというわけではなく、重すぎたり伸縮性が足りないとジャンプが跳びにくくなるので、素材や飾りにとても気を使います。自分の骨格を把握し、要望に的確に応えてくれるデザイナーを見つけることは容易ではなく、羽生さんにとって伊藤さんは“勝利の女神”のような存在だったと思います」(前出・フィギュアスケート関係者)

 2014年、ジャンプの不調やけがに苦しんでいた羽生は、彼女が作った動きがある独創的な模様や、体のラインを強調するようなデザインの衣装で臨んだ同年のグランプリファイナルで優勝すると、翌年は世界最高得点を2度更新。2018年の五輪連覇という偉業を成し遂げた。

「休業の理由は、悪質なファンの心ない言動ではないかといわれています。3月に開催されたアイスショーで羽生さんは白い衣装をまとい、新プログラムを披露。この衣装について『エルヴィス・プレスリーの白衣装に似ている』とファンがSNSに投稿すると、伊藤さんはXで『偶然です』、さらに『考察は自由ですが、明確に違う場合は否定します』と反論したんです」(前出・フィギュアスケート関係者)

 衣装の「二次創作」をめぐり、こんなトラブルも起きていた。

「ネット上では、スマホケースや応援用の横断幕など伊藤さんの衣装をもとにデザインされたグッズが無許可で製作・販売されています。今年2月には、がまんの限界だったのか、二次創作について自身のインスタグラムで注意喚起を促しました。真摯に衣装と向き合う気持ちが踏みにじられたことに怒りやショックを覚え、一度仕事から離れることを決意したのではないでしょうか」(別のフィギュアスケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン