国内

《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん》“大人も子どもを区別しない”作品通じて伝え続けた想い「止められない大人の欲望」危惧した子どもたちの将来

95歳で亡くなった宗田先生

95歳で亡くなった宗田先生

 原作小説が世に出てから40年近くを経ても、今なおアニメ映画や舞台作品などに翻案され続けている『ぼくらの七日間戦争』。実写映画は1988年に公開され、宮沢りえ(51)の女優デビュー作としても知られる。原作は宗田理さんの同名ベストセラー小説で、親や教師など大人への反発と自立へと歩き出す中学生の姿が生き生きと描かれている。これほど長く愛されている秘密はどこにあるのか。4月8日に95歳で亡くなった宗田さんに、その約10日前の3月29日、名古屋市内の事務所で話を聞いた。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
 小説『ぼくらの七日間戦争』は好評によりシリーズ化され、『ぼくら~』シリーズはその後も続いた。昨年10月には、51作目の『ぼくらの東京革命』が発売された。2009年からは、現代の小学生向けにリライトされた、過去作品も発行を続けている。宗田さんは亡くなる直前まで、子どもらに向けて、精力的に執筆を続けていたのだ。

「以前は編集者が読むのが追いつかないほどのスピードでどんどん書いていたのに、今はゆっくりになって新作は年に1冊です。最新作の『ぼくらの東京革命』は防災・震災をテーマに、構想に10年ほどをついやして書き上げました。

 本を出したと思ったら、この1月に能登で大地震が起きましたよね。ビルが林立し、人も多い東京で起きたら、どうなるか。壊滅的な被害を避けるには、どうしたらいいのか、子どもたちに教えておくのは大人の務め。今こそ、地震と水害の恐ろしさをしっかりと伝えなければならないと思います。

 だから、『ぼくらの東京革命』で本当はもっとストレートに書きたかったのですが、“ぼくら”らしく、地震への警鐘を鳴らして、不正を働く悪徳業者を撃退しながら、防災や新しいまちづくりについて考える、というかたちに落ち着きました」

 最近はコンプライアンスが厳しく、少し乱暴な言動や残酷な描写はできず、自由な表現ができなくなっている。それに対する戸惑いは大きい。小学生向けにリライトしている作品群も同じで、第1作の『ぼくらの七日間戦争』以外は、表現をマイルドにし、携帯電話を登場させるなどして、現代風に書き換えられている。

 この3月に発売された『ぼくらのイタリア(怪)戦争』は、1996年の『ぼくらの魔女戦記』が元の作品だ。『ぼくら~』シリーズの主人公・英治らは高校生。イタリアのフィレンツェを舞台に、行方不明になった仲間を助け出すストーリーで、ヨーロッパの美しい街や城の歴史、魅力、不思議な魔女伝説などにワクワクする。

「約30年前にフィレンツェを初めて訪れたときから、いつかこの街を舞台にした作品を書きたいと思っていました。もともとルネサンスの歴史や魔女の伝説に興味があったところへ、数カ国語を自由に操る、どこか謎めいていて魅惑的な女性を知人に紹介され、その女性が僕の想像力を大いにかきたてました。

 子どもたちには、日本を飛び出せば、見たこともないような世界が広がっていることを知ってほしいですね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン