本作で日本アカデミー賞新人賞を受賞した宮沢りえ

『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を受賞した宮沢りえ

「子どもも大人も差がない」作品への眼差し

 それにしても、95歳にして、子どもに向けた作品を書き続けられたとは驚異的だ。

 宗田さんは日本大学芸術学部映画学科在学中に映画のシナリオを書き始め、その後は週刊誌の編集長を務めるなど編集者として活躍。1979年、情報小説『未知海域』(河出書房新社)で作家デビューすると直木賞候補に。当時、51歳。『ぼくらの七日間戦争』を書いたのは56歳だった。年の離れた子どもの心に響く作品を書き続けられるのは、なぜなのだろうか。

「自分ではよくわかりません。ただ、もともと“子どもに寄り添う”という考えがありません。僕の作品には子どもなのに思慮深い子や、逆に大人なのに間の抜けた人物がたくさん出てきます。それは、子どもと大人をあまり区別していないからだと思います。僕のなかでは、子どもも大人も差がないのです。

 小説を書くときも、子どもが読むのだからこの程度でいいだろう、とか、子どもだからこういうことをおもしろがるに違いない、などと考えていません。自分がおもしろいと思うことを書いているだけ。大人が読んでも楽しめる、日常とは違うワクワクするような冒険小説を届けたい、と思っています」

 時代による変化はどうだろうか。今の子どもや大人を、宗田さんはどう見ているのだろうか。

「本質は変わらず、今の子どもたちも友情や冒険が好きで、仲間と一緒に秘密基地を作ってしかけを考えたり、悪い大人にいたずらをしたりするストーリーにワクワクするものだと思っています。

 先日、高校生の読者と会う機会があり、『今の教師は優しく、親はあまり子を叱らないとも聞くが、『ぼくらの七日間戦争』のような話に共感できるのか、おもしろいと感じるのか』と聞いてみました。

 すると、彼らは『時代劇を楽しむように読んでいる』と答えました。悪い教師をやっつけるのは、越後屋や悪代官を懲らしめるのと同じ感覚だそうです。理不尽な権力にもの申す、というのは、やはり普遍的なテーマなのでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン