芸能

【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席

店を出て染谷と話し込む山崎

店を出て染谷と話し込む山崎

 都内でも屈指の芸能人出没エリアである西麻布。この街の住民にとって彼らとの遭遇は“日常”ゆえ、見かけても澄ました顔で通り過ぎるものなのだが、その一行には思わず「えっ!」と声をあげる人も少なくなかった。

 5月中旬の深夜、路上で談笑していたのは山崎賢人(29才)、染谷将太(31才)、奈緒(29才)、國村隼(68才)などのスターたちだった。この日、彼らが集まったのは隠れ家的な韓国料理店。そこで映画『陰陽師0』(4月19日公開)の打ち上げが行われたのだ。主人公の呪術師・安倍晴明を山崎、晴明に事件の解決を依頼する醍醐天皇の孫を染谷が演じ、平安時代を舞台に晴明が陰陽師になる以前の物語を描く。

「山崎さんといえば、「『キングダム』シリーズ、『ゴールデンカムイ』を大ヒットに導いた、いま最も勢いがある俳優。今作も、競合作品が多いこの時期の公開にしては大健闘しています。華麗なアクションシーンのほか、米アカデミー賞を受賞した『ゴジラ-1.0』のスタッフが手掛けた平安京の映像美が圧巻だと話題になっています」(映画会社関係者)

 21時に始まった打ち上げは、日付が変わった後も続き、店を出てきた山崎は上機嫌そのもの。ほろ酔い状態の面々は、解散するのが名残惜しいのか、はたまた映画の大成功に胸のつかえが取れ解放的になったのか、夜道を散歩しながら話し続けた。安倍晴明を演じるのは、相当なプレッシャーだったのだろう。奮闘する山崎を支えたのが染谷だった。

「2人は山崎さんの俳優デビュー作『熱海の捜査官』(2010年・テレビ朝日系)で共演して以来の仲です。年齢的には2才違いではありますが、7才のときから子役として活躍している染谷さんは、山崎さんにとって俳優の大先輩。仕事のいろはを教わるうちに距離が縮まり、いまではフットサルを共にする間柄のようです」(テレビ局関係者)

 その染谷は2015年に菊地凛子(43才)と結婚。いまも夫婦そろって、第一線で活躍し続けている。

「いまでは2人の子供を持つ染谷さんと菊地さん夫婦は、とにかく仕事が絶えません。染谷さんが数多くの作品に出演する一方で、菊地さんも朝ドラで主要キャラを演じたり、いまも『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に出演するなど、引っ張りだこ。ふたりはお互いの演技に対し“ダメ出し”したりもするそうで、家庭では演技論が繰り広げられているとか。家事をうまく分担し、仕事と家庭のバランスを保っているそうです」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン