国内

「刑務所でもタバコが吸える」は本当か?暴力団幹部がやっていた驚きの手口「農場での作業中、トイレに行きたいと手を挙げて…」

2024年2月に府中刑務所(東京都府中市)の内部が報道陣に公開された。その日の受刑者の食事内容の一部(AFP=時事)

2024年2月に府中刑務所(東京都府中市)の内部が報道陣に公開された。その日の受刑者の食事内容の一部(AFP=時事)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、近ごろ話題になっている「刑務所タバコ」について。

 * * *
 刑務所はバナナが出ない!?という内容の記事が『PRESIDENT Online』に出ていた。刑務所内の話はヤクザたちからよく聞いていたが、そんな話は聞いたことがない。早速『なぜ「刑務所でバナナを出すのはNG」なのか…バナナの皮で作れてしまう「不正な嗜好品」の正体』という記事を読んだ。

 著者は刑務所で管理栄養士をしている黒柳桂子氏で、記事は彼女の著書『めざせムショラン三ツ星 刑務所栄養士、今日も受刑者とクサくないメシ作ります』(朝日新聞出版)の一部を再編集したものだ。

 刑務所ではバナナを給食で出すとなると刑務官らがざわつくらしい。栄養価もあり、食べるのも提供するのも楽なバナナだが、刑務所で出すのは好ましくないという。理由は「バナナの皮でタバコができるから」。その名も「刑務所タバコ」。そんなタバコを刑務所の中で作ろうとする受刑者がいるらしいと書かれていたので、さっそく既知の暴力団幹部D氏に聞いてみた。

「だから刑務所の中でバナナは出ない」という答えが返ってくるものとばかり思っていたが、予想に反し答えは違った。「刑務所タバコ? そんな物、聞いたことがない」「バナナってあのバナナだろう、ムショで食べたと思うけど」。全国各地の刑務所を巡れるほどの前科前歴を誇る彼が、刑務所タバコを知らないという。これはいったいどういうことか?

 著者が勤務するのは、主に精神疾患や何らかの障害をもつ受刑者を収容し、初めて刑務所に入る初犯も収容するという日本一小さな男子のみの医療刑務所。前科〇犯のヤクザらが収容されるような刑務所とは違っていたのが、理由の一端のようだ。「そんな面倒なことしなくても、タバコはいくらでも手に入る」とD氏がいうように、手練手管に長け、反社会的勢力として縦横のつながりを持つヤクザらは、本当のタバコを効率よく手に入れる術を心得ているため、わざわざバナナでタバコを作る必要性がないのだ。「バナナでタバコを作るぐらいだったら、桜の葉でも作れるぞ」。桜の木のある刑務所があるのか不明だが、D氏はニヤリと笑った。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン