全盛期の部数は28万部だった

全盛期の部数は28万部だった

 その後、同誌の編集長を離れた寺島氏は2017年に同社を退社。編集プロダクションを設立して、執筆作業を行っていた。

 しかし、近年は体調を崩していたようだ。直近のSNSで「右膿胸(のうきょう)という『右胸に膿が溜まる病気に』で死にかけた 3日遅ければ孤独死してたらしい”」と綴っていた。亡くなる数日前まで寺島氏と連絡を取っていたかつての部下が語る。

「5月8日の夜に寺島さんから来たメッセージを最後に返信がなく、5月18日に自宅を訪れましたが夜なのに部屋の電気がついていないし、人が住んでいる雰囲気がない。そのときは帰りましたが、どうしても悪い予感がして、翌日に警察に相談しました。2、3時間後に警察から連絡があり、家の中で亡くなっていました。死後数日経っているということでした。2度の結婚と離婚を経て、愛猫一匹と同居していました。猫は生きていることがわかって、先日引き取り手が見つかったと聞いています」

 BUBKAから独立し、月刊化した「実話BUNKAタブー」編集部(コアマガジン)に問い合わせると、担当者は次のようにコメントした。

「(寺島氏が)亡くなられたのは事実です。時代は違えど、当時もスキャンダル写真を掲載するにはリスクが伴い、ある程度腹を括った人間しか(当時の)BUBKAの編集長はやれなかったと思います。

 そこを妥協なく出していったところは、寺島さんにしかできないことだった。今の時代に同じことはできませんが、カリスマ性ある方だったと思います」
 
 寺島氏が当時、好奇心旺盛な読者に向けて創刊した『BUBKA』。毎年のように記録を更新し続ける、棒高跳び選手の“セルゲイ・ブブカ”が雑誌名の由来だった──。

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン