スポーツ

【セルフジャッジ競技の立会人】知られざる「ゴルフ競技委員」のお仕事「ツアー63試合を15人でカバー」「朝5時集合でコース確認」

全米女子オープン第1ラウンドをプレーする畑岡奈紗。8日の第2ラウンド開始前に失格となった(AFP=時事)

米国女子ツアー「ショップライト・クラシック」でプレーする畑岡奈紗。初日4位と好スタートを切ったものの、第2ラウンド開始前に失格となった(AFP=時事)

 スコアもペナルティも選手自身による自己申告に基づくゴルフ競技だが、そのルールは複雑なうえに頻繁な改訂が行われている。加えて、自然環境のもとでプレーするゴルフでは想定外の事態が起きることもしばしば。米国女子ツアーでは畑岡奈紗が誤所からのプレーによるスコア誤記で失格となった。畑岡のケースは、初日にブッシュに打ち込んだボールの捜索が制限時間3分を超過していたことが、中継していたテレビスタッフからの指摘で明らかになり、翌日(2日目)の競技開始直前に失格を告げられるという、何とも複雑な経緯だった。

 裁定は大会の「競技委員」に委ねられるが、プレー中の選手をサポートし、競技規則をもとに大会の円滑な進行・運営を司る「競技委員」とはどのような存在なのか。その知られざる役割について、JLPGA競技委員の門川恭子氏に、『審判はつらいよ』の著者・鵜飼克郎氏が聞いた。(全4回シリーズの第1回。文中敬称略)

 * * *
 ゴルフ規則では委員会を「競技またはコースを管理する人、またはグループ」と定義している。そのため競技委員の仕事内容は多岐にわたる。シーズンが始まるとほぼ毎週のように全国各地で試合が開催される。選手と違って予選落ちがない競技委員のスケジュールは多忙を極める。

 2024年のJLPGAツアーは沖縄で開催される「ダイキンオーキッドレディス」(3月)を皮切りに、「ツアーチャンピオンシップリコーカップ」(11月)まで37試合あり、加えてステップアップツアー20試合とレジェンズツアー6試合がある。この63試合すべてを約15人の競技委員でカバーし、基本は競技委員長1人を含む6人1組で1つの大会を担当する。

 1996年のプロテストに合格し、ステップアップツアーでの優勝経験もある元ツアープロで、2012年からJLPGAの競技委員を務める門川恭子が言う。

「さらにプロテストやQT、小学生の大会もあるので、全員がフル稼働しても足りず、4人や5人でカバーすることもあります。おおよそ月に1回程度の空き週(休み週)ができるようなシフトになっています」(以下同)

 1週間のスケジュールもタイトだ。4日間競技では火曜日が公式練習日、水曜日にプロアマが開催される。試合は木曜日と金曜日の2日間が予選ラウンドで、土曜日と日曜日が決勝ラウンドだ。

「6人のうち2人が月曜日から現地入りし、あとの4人は水曜日に合流します。マンデー(月曜日開催の予選会)があれば、先乗りする2人は前日の日曜日にコース入りしますから、最終日の日曜日まで8日間もコースにいることになりますね」

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン