• TOP
  • 渋沢栄一

渋沢栄一一覧

【渋沢栄一】に関するニュースを集めたページです。

時の記念日100周年記念展 「時」展覧会を100年ぶりに開催

時の記念日100周年記念展 「時」展覧会を100年ぶりに開催

6月5日(金)より、東京・上野の国立科学博物館にて、「時の記念日」100周年を記念する企画展「『時』展覧会2020」が開催される。時…

2020.06.03 11:44  太田出版ケトルニュース

吉沢亮「つけ麺にハマって10か月」たどり着いたスープの味は

吉沢亮「つけ麺にハマって10か月」たどり着いたスープの…

 東京都に外出自粛要請が出る前の3月中旬の午後、帽子を目深にかぶってマスクという姿で現れたのは、女性ファッション誌『ViVi』で「国宝級…

2020.04.15 16:00  NEWSポストセブン

草なぎ剛が2021年大河に出演 豊川、和久井らとともに発表へ

草なぎ剛が2021年大河に出演 豊川、和久井らとともに発…

 3月上旬にはNHK連続テレビ小説『スカーレット』に稲垣吾郎(46才)が出演、登場週の視聴率は20%の大台を超えた。香取慎吾(43才)は4月4…

2020.04.01 16:00  女性セブン

三井が三菱に一矢報いた「ディズニー誘致合戦」の大逆転劇

三井が三菱に一矢報いた「ディズニー誘致合戦」の大逆転劇

 日本経済を牽引する2大グループとして知られる、三菱グループと三井グループ。財閥の勃興期から150年にわたり、互いに競いながら成長して…

2020.01.04 07:00  マネーポストWEB

『なつぞら』打ち上げで好感度を上げた吉沢亮

大河主演の吉沢亮、杉咲花と食事会参加しオシャレな会計

 NHKの連続テレビ小説『なつぞら』で、吉沢亮(25才)演じる山田天陽が急逝。お茶の間には悲鳴にも似た嘆きの声が響き、「天陽ロス」が広が…

2019.09.18 07:00  女性セブン

高級住宅街の代名詞「田園調布」 庶民が住む余地はあるか

高級住宅街の代名詞「田園調布」 庶民が住む余地はあるか

 住んでみたい街の理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだ…

2019.08.24 13:00  マネーポストWEB

意外に”謎”が多い二宮金次郎(映画『二宮金次郎』公式HPより)

二宮和也も参戦! TV、映画で二宮金次郎がブームの兆し

 テレビや映画で最近、よく名前を聞く歴史上の人物が二宮金次郎だ。ちょっとしたブームになっているという。時代劇研究家でコラムニストの…

2019.06.07 16:00  NEWSポストセブン

夏目漱石他、新旧紙幣の賢人の意外な性格は筆跡から分かる

夏目漱石他、新旧紙幣の賢人の意外な性格は筆跡から分かる

 人が書く文字には、その性格や人柄、運気があらわれているという。お札になるくらいの偉人になりたい。子供の頃、そんな夢を抱いたことが…

2019.05.24 16:00  週刊ポスト

誰が決めたのか(時事通信フォト)

新紙幣の新札をイチ早く手に入れるための裏技

 新元号に続いて発表され話題となった新紙幣。一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎となったが、「なぜこの人選?…

2019.04.19 11:00  週刊ポスト

渋沢栄一の子孫の澁澤侑哉

渋沢栄一の子孫は、テラスハウス出演のイケメンモデルだ…

 父はアメリカ海兵、日本人の母は外資系企業に勤めるキャリアウーマン。本人は183cmの長身に甘いマスクでハリウッドを目指す──。 澁澤侑哉…

2019.04.18 07:00  女性セブン

誰が決めたのか(時事通信フォト)

新紙幣 肖像画に選ばれた人の子孫が「嫌だ」と言ったら

 新元号に続いて発表され話題となった新紙幣。1.6兆円もの経済効果をもたらすといわれる一方で「肖像画の人名がピンとこない」「数字が大き…

2019.04.15 07:00  週刊ポスト

深谷駅が東京駅丸の内駅舎にそっくりな理由とは

新一万円札に渋沢栄一と東京駅 埼玉・深谷市が2倍沸く理由

 1万円、5千円、千円の紙幣(日本銀行券)が全面的に刷新されると発表された。新しく1万円に用いられる渋沢栄一と東京駅丸の内駅舎に注目が…

2019.04.10 16:00  NEWSポストセブン

日比谷駅と錦糸町駅 実はライバル関係にある成り立ち

日比谷駅と錦糸町駅 実はライバル関係にある成り立ち

 日比谷駅と錦糸町駅がライバル関係にある、と聞くと、意外に思われることが多いだろう。しかし、界隈が発展するきっかけはライバルと呼ば…

2018.08.19 16:00  NEWSポストセブン

ハンセン病ケア なぜ「国内=皇室」「海外=笹川陽平」なのか?

ハンセン病ケア なぜ「国内=皇室」「海外=笹川陽平」…

◆高山文彦×原武史 特別対談 「人類史の暗黒に光を当てる──高山文彦『宿命の戦記』をめぐって」 日本財団会長・笹川陽平のハンセン病制圧…

2018.05.13 07:00  NEWSポストセブン

明治期「兎バブル」の悲劇、ブーム過熱で殺人や詐欺も起きた

明治期「兎バブル」の悲劇、ブーム過熱で殺人や詐欺も起…

 明治維新から150年を迎え、維新の立て役者・西郷隆盛を描いた大河ドラマ『西郷どん』も話題になっている。そんな明治時代の意外な流行を振…

2018.02.20 16:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス