上島竜平一覧

【上島竜平】に関するニュースを集めたページです。

「週刊ポスト」本日発売! “反安倍”財務省エリート逮捕の裏ほか
「週刊ポスト」本日発売! “反安倍”財務省エリート逮捕の裏ほか
 5月30日発売の「週刊ポスト」は、政治、経済、社会、生活にまで影響が及んできた「戦争の時代」の真相を総力リポートする合併特大号。世界的なインフレや品不足、流通停滞によって日本企業の業績は様変わりし、健康を支える常備薬まで手に入りにくくなっている。参院選を控えた政府・与党では内紛が勃発し、ついに元首相の天敵だったエリート官僚が逮捕される事態まで引き起こした。今週の見どころ読みどころ◆5・22震度5弱を的中させたMEGA地震予測が警告する「次の巨大地震」いわき市で震度5弱を記録した5月22日の地震を4日前に「場所、日時、マグニチュード」までピタリと的中させたのが、東大名誉教授が開発したMEGA地震予測だ。すでに本誌で何度も的中を目の当たりにしてきた読者からも、その正確さに驚きの声が上がった。そして今回、新たに中部地方に危険な兆候が観測された――。◆暴行で逮捕された財務省「次官候補」はアベノミクス潰しの急先鋒だった5月20日に電車内で暴力を振るって逮捕された財務省の小野平八郎・総括審議官は、事務次官コースを順調に歩んできたエリート中のエリートだった。しかし、これですべてパア。実は泥酔して暴挙に及んだ日の昼間、岸田首相の財政再建路線に反発する安倍元首相支持派と激しく対立しており、疲労困憊のまま“ヤケ酒”を煽っていたとみられている。◆「CAにしてやる」就職詐欺で性奴隷にされた上智大生の慟哭大阪府警に逮捕された男に「大手航空会社に就職させてやる」と騙され、カネを巻き上げられたうえに繰り返し性交渉の相手をさせられた上智大生(当時)が涙ながらに被害の全容を告白した。自分はその会社の幹部だと偽り、「拒むことは許されない」と脅して、避妊もせずに何度も暴行に及んだという。◆上島竜平を診察した脳神経外科医が悔やむ「首こり性うつ」の兆候かつてテレビ番組の企画で上島竜平を診察した東京脳神経センター理事長の松井孝嘉氏は、「あの時に治療を勧めていれば……」と悔やんでいる。松井氏は当時、上島の「首こり」を指摘していたが、実は同氏の研究によって、首のこりがうつ症状を誘発することが明らかになってきたという。◆朝ドラ席巻「上白石姉妹」を陰キャから陽キャに変えたメキシコ移住いまや「国民的姉妹」となった上白石萌音と上白石萌歌だが、子供の頃はどちらかといえば「陰キャ」だったという。姉が小3、妹が小1の時に父の仕事でメキシコに渡り、3年後に帰国すると、周囲は「あなたたち、本当に変わったね!」と驚愕したという。ともに教師だった両親に育てられた二人の知られざる底力が明らかに。◆2022佐々木朗希×1958稲尾和久×1961権藤博「本当にすごい」のは誰だ球界はまれに見る「投高打低」が続いているが、今年の佐々木をしのぐ強烈な印象と成績を残した剛腕もかつてはいた。時代が違う、と片づけるのは簡単だが、人間どこまでできるのか見てみたいのがファン心理でもある。1958年に日本シリーズ5連投など驚異の活躍で「神様、仏様、稲尾様」と言われた稲尾和久、ルーキーイヤーの1961年に69試合に登板(35勝19敗)して「権藤、権藤、雨、権藤」の言葉を生んだ権藤博はどれくらいすごかったか。◆すき家が吉野家の5倍稼ぐ秘密、くら寿司がスシロー猛追の一手ほかコロナ禍はすべての産業に大きな影響を与えたが、同業のライバル同士で明暗がはっきりしたのが今年の決算発表の特徴だった。表題の2組のほか、ユニクロvs無印良品、ソニーvs任天堂、中外製薬vs塩野義製薬、近鉄vs東急、丸井vs三菱伊勢丹の明暗を分けた企業戦略の違いを分析した。◆罰ゲームも死体シーンもお色気もダメ出し「BPO」はテレビの敵なのかダウンタウン松本人志は上島竜平の追悼コーナーで、「ダチョウ倶楽部の芸がテレビでやりづらくなっている」と問題提起したうえで、「BPOさん、どうお考えですかね? と思いますね」と、BPO(放送倫理・番組向上機構)に矛先を向けた。捏造や政治的偏重に目を光らせるのはいいとしても、BPOがバラエティ番組の演出にまで口を出すようになったことは、テレビ文化にとっていいことなのか、やりすぎなのか。◆いつの間にか日本の薬は「あれも、これも」中国産になっていた!医療費抑制のため、日本政府はジェネリック医薬品を強力に推奨している。いまや日本人が飲む薬の8割がジェネリックだが、その結果、より安い原薬(薬の材料)を求めて中国からの輸入が増えている。ところが、コロナ禍で中国の原薬が品薄になり、日本では薬の需給が逼迫する事態が起きた。さらに、生産管理がずさんな中国企業では、原薬に発がん性物質が混入するなどの事件も。中国に頼る日本の薬は本当に大丈夫なのか検証する。◆江本孟紀×弘兼健氏×大和田伸也「団塊47年組、後期高齢者になるけれど」今年から団塊の世代が後期高齢者になり始めた。その第一世代の3人が、競争と貧困の少年時代、経済成長とバブルの経験、そして老年を迎えて考える仕事と恋愛など、世代ならではのテーマで語り合った。「ONも手塚治虫も長谷川一夫も知らない世代」に言っておきたいこととは?◆フジテレビ元アナウンサー・久代萌美が初グラビアに挑戦フジテレビを退社して吉本興業入りした久代アナが初グラビアを披露した。知的で親しみやすいキャラで人気を博したが、「ひと通り局アナ仕事をやりきった」とフリーに転身。今度は「自分を売り込む」立場になり、大人の魅力たっぷりのグラビアでデビュー!◆<袋とじ>1日1分見るだけで「ボケない」写真12日間ドリルマサチューセッツ工科大学の脳科学研究から生まれた脳を鍛える写真をお届け。風景や人物など様々な写真をじっくり見てから質問に答えるだけ。実験では96.4%がトレーニング効果を実感したという驚異のドリルをぜひ体験してください。※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!
2022.05.30 07:00
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
 5月23日発売の「週刊ポスト」は、知らないと大変な健康と財産の「怖い話」をお伝えする。コロナの思わぬ余波で「トイレで死ぬ老人」が急増し、さらには「野菜を食べて糖尿病になる」リスクが高まっているという。ウクライナ問題では「プーチンの後継者」に迫る。山口県阿武町の4630万円誤給付事件では、なんと容疑者の「逆提訴」が取り沙汰されている。そして、「毎月100万円しかもらってない」と放言した細田衆院議長に直撃すると、本誌記者にさらなるトンデモ発言を浴びせてきた!今週の見どころ読みどころ◆細田議長がさらに暴言! ならば本誌は国会議員の「給与明細書」を公開する細田博之・衆院議長が「毎月もらう歳費は100万円しかない」「月額100万円未満の議員を多少増やしてもバチは当たらない」などと放言して国民の怒りを買った。実際には国会議員の収入はもっとずっと多い。議長となればなおさらだ。本誌は現役国会議員の給与明細と源泉徴収票を入手し、公開する。さらに細田氏を直撃すると、反省の弁どころか、「詳しくは知らんが(中略)47万円しか手取りは出ておらず(後略)」などと、さらにトンデモ発言を重ねた。なんとのたまったか、本誌をじっくりお読みください。◆4630万円ネコババ男が「反訴で逆襲」説は「可能性あり」間違って振り込まれたコロナ給付金をネットカジノで使い込んだとされる田口翔・容疑者だが、なんと逮捕前に名前や住所を公開されたことをめぐり、町を反訴するという情報が流れている。裁判例や専門家を取材すると、実はこれ、荒唐無稽な話でもなさそうで……◆ビートたけし「上島竜平は“ぬるま湯を熱湯に見せる”から芸人なんだっての」急逝したダチョウ倶楽部の上島竜平さんとの思い出をビートたけしが語った。どんなに苦しい時も道化を演じて人を笑わせなければならない芸人のつらさを語ったうえで、上島さんの芸風と芸歴を振り返った。『スーパージョッキー』の名物コーナーだった「熱湯コマーシャル」の秘話も。◆金正恩が“コロナ流入の罪”で国境警備隊員らを「ハチの巣銃殺刑」にしていた4月末に突然、「初のコロナ発生」を公表した北朝鮮では、ほとんどの国民がワクチンを接種しておらず、医療体制も貧弱なため大きな人的被害が出ると予想されている。金正恩・総書記は防疫に失敗した担当者らに激怒し、中国からの密入国を許した国境警備隊員や保衛指導員らを公開銃殺刑にしたという。しかも、見せしめのために数百発の銃弾を撃ち込まれた受刑者たちの姿は凄惨を極めたと伝えられる。◆佐々木朗希の“天敵”となった「球審の白井」はAKB48の大ファン佐々木に詰め寄った「事件」で注目された白井一行・審判員が、今度は佐々木のチームメイトである主砲レアードを退場処分にして物議をかもしている。もともと「アーイッ!」と叫ぶ独特のストライク・コールで海外まで名が知れた名物審判員だが、その素顔はAKB48の大ファンで、推しは、あの元センターだそう。なんと、ストライク・コールのキメポーズもAKB由来だった!◆広瀬すずが新作映画で挑んだ「オーラル濡れ場」がスゴかった自ら「必死すぎた」と振り返った新作映画『流浪の月』で、広瀬が大胆な濡れ場に挑んでいる。恋人役の横浜流星との濃厚な演技は観客を圧倒する。広瀬は今後の女優としての活動について、「いい人じゃない人をやりたい」と語った。◆重病説のプーチン「後継」に浮上したアイスホッケー男は「もっと過激」だったパーキンソン病、血液のがん、認知症などが取り沙汰されるプーチン大統領には「一時療養」説が浮上している。後継の本命と見られてきたショイグ国防相はウクライナ戦争の失態で脱落し、かわって本命視されているのがプーチン氏のアイスホッケー仲間であるドミトリー・コヴァリョフ氏だ。「大統領府の局長」とも「大統領の副官」とも報じられる同氏が元首になれば、停戦どころか「プーチン以上に過激になる可能性がある」という。◆<命の危機1>トイレで死ぬ老人が増えているちょっと不謹慎な言い方だが、コロナ禍で「糞死」する高齢者が増えているという。専門家によると、籠城生活のせいで便秘になり、排便時に「いきむ」ことで脳卒中や心筋梗塞を起こす事例が多い。若い人と違って、高齢者はいきむと血圧が一気に上がるとされ、まずはそのリスクを自己診断することが大事だ。正しい排便姿勢も図解する。◆<命の危機2>野菜の食べすぎで糖尿病になるなんて一般的には健康にいいとされる野菜食だが、近年の野菜には注意が必要だという。品種改良技術の進歩と消費者の嗜好の変化で、多くの野菜が「糖度」を競っている。いまやフルーツトマトより甘いネギやニンジンが普通にスーパーに並んでいる。専門家は、そうした野菜を採り続けることで将来的に糖尿病のリスクが高まると警告する。◆球界異変! 3割バッターが絶滅寸前になっているのはなぜなのか?今年のプロ野球は近年まれに見る投高打低になっている。完全試合やノーヒットノーランが頻発するのも偶然ではない。飛ばないボール説、ストライクゾーン拡大説、コロナ歯抜け打線説など、その理由についてデータと専門家の目で分析する。◆「ちむどんどん」では描かれない「やんばるヤクザ」の裏面史本土復帰50年にあわせてNHKの朝ドラは沖縄を舞台にした『ちんどんどん』が放送されているが、実はこの半世紀は沖縄でヤクザが生まれ、抗争し、離合集散を繰り返した時間でもあった。フリーライターの鈴木智彦氏が、ドラマの舞台となった「やんばる」で繰り広げられたヤクザ抗争の歴史をひもとく。◆シニアドライバーたちの主張「免許返納はしません」5月13日から高齢者の免許更新に新たな検査が加わり、警察の「返納圧力」が増している。しかし、免許返納はしないと決意する高齢者も少なくない。鳥越俊太郎、江本孟紀、猪瀬直樹、谷隼人、釜本邦茂の各氏らが「老年の主張」を展開する。◆さらなる“改悪”に負けない「得する相続税」裏ワザのすべて政府は次々と相続税の“改悪”を打ち出しているが、上に政策あれば下に対策あり。制度をよく知ることで相続税は大きく減らすことができる。不動産の名義変更や遺言書の書き方、相続放棄や税務調査の知られざる実態を詳細にリポートする。◆<カラーグラビア>自然エネルギー「巨大発電所」をゆく資源高が経済に暗い影を落とすなか、日本国内の自然エネルギー発電の現状を取材した。ゴルフ場跡地を活用したメガソーラー発電所や38基の風車が並ぶ風力発電所など、見るだけで圧倒される迫力の画像に加え、普及から年数を経たソーラーパネルの廃棄、再利用問題も追った。※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!
2022.05.23 07:00
NEWSポストセブン
内田理央がダチョウ倶楽部の上島とキス!?理想の男性像も告白
内田理央がダチョウ倶楽部の上島とキス!?理想の男性像も告白
モデルで女優の内田理央さんが、3月29日に都内で開催されたスリムビューティハウスの新イメージモデル発表会に登壇。自身の美の秘訣について明かしている。『飾って最高。飾らず最強。』をキャッチコピーに掲げ、女性をありのままの姿でも美しい健康的で理想的な体型に変身させているスリムビューティハウス。今回、美しく健康的なボディの持ち主である内田さんを、新イメージモデルとして起用した。骨盤と足の施術を受けてみたという内田さん。「ほかのエステは体験済みなんですけど、(スリムビューティハウスが)断トツによくて、みなさんが通うのに納得です。施術を受けた次の日、何も伝えてないマネジャーさんから『足、細くなりました?』って言われて。それくらい変化を実感しました」同性も憧れる美ボディをキープする秘訣については、「自分ひとりでストイックにやっていくのは大変なこと。誰かの力を借りて健康的で女性らしい体のラインを作りたいです」と語っていた。◆ダチョウ倶楽部とテッパン芸も披露スペシャルゲストとしてダチョウ倶楽部が登場すると、「昔からテレビで観ていたので、お会いできるなんて夢のよう!」と内田さんは大興奮。今回は特別な“施術”として、いつもの“アレ”を披露してくれることに…。運ばれてきたのは、アツアツのおでん鍋。「話が違うじゃないか!」と上島竜平さんが大絶叫すると、「じゃ俺がおります」と答える寺門ジモンさんと肥後克広さんに加え、「じゃ、私が!」と内田さんまで参戦する一幕も。さらに、ダチョウ倶楽部お決まりの“キス芸”も披露。上島さんに顔を近づけられた内田さんは、「近くで見るとけっこうキレイですね」と寸前でキスを阻止。この一連を振り返り、「間が絶妙だった」と絶賛する上島さんに対し、内田さんは「やっぱり、キスは無理だって思いました(笑い)」と本音をポロリ。別のイベントで「彼氏募集中」を公言していた内田さん。ダチョウ倶楽部の中で誰がタイプか聞かれると、「消去法で独身のジモンさん」と困惑しながらもジモンさんをチョイス。本当のタイプは、「ゴミ出しや料理とか手伝ってくれる人がいいですね」と明かしていた。取材・文/船橋麻貴【データ】スリムビューティハウスhttp://slim.jp/【関連する記事をチェック!】●マツコ、40代から一気に加速する口臭に「人を信用してはいけないのよ!」●指原莉乃がミニスカで美脚披露!美の秘訣は「バランスのいい食事」●JUJUや関ジャニ∞も!高消費カロリーカラオケランキングTOP20●長澤まさみに山本美月も!女優たちの春の2大トレンドは“白”と“花柄”●土屋太鳳と北川景子は美脚、新垣結衣は美背中!女優たちの美の競演
2018.04.01 17:00
8760 by postseven
東京ディズニーランドでおでんを存分に楽しむ方法を識者伝授
東京ディズニーランドでおでんを存分に楽しむ方法を識者伝授
 12月1日から、なんとあの東京ディズニーランドで「おでん」が販売される。コンビニでなく夢の国に現れたおでんとは、いかなるものなのか、いささか戸惑いも隠せない。大人力コラムニスト石原壮一郎氏が「ディズニーおでんの大人的楽しみ方」を伝授する。 * * *  夢の国ってことで現実離れした建物が並ぶ空間で、今日も大量の着ぐるみがウロウロしている東京ディズニーランド。来年4月で開業30周年を迎えます。最初は不自然に感じられたアメリカンな明るいノリや、どこかウソっぽさが漂う世界観も、なんとなく「そういうもの」として定着してしまいました。 今さら「東京じゃないくせに!」と突っ込むのもマヌケだし、ディズニーランド嫌いを気取ったところで共感も反発も得られず軽く流されてしまうだけでしょう。 そんなこしゃくな東京ディズニーランドで、12月1日から「おでん」が食べられるようになりました(期間限定で2013年4月10日まで。ザ・ガゼーボで販売)。「ホットポット」という名前で、お値段は500円。大根、タマゴ、ロールキャベツ、さつま揚げ、さらに、ミッキー型のオレンジのコンニャクが入っているとか。 横文字の名前というのがちょっとアレですが、日本の伝統的な冬の食べ物であるおでんに目を付けたのは、まあ、意外にかわいいところもあると言えます。そんなつもりがあるかどうかはわかりませんが、日本の文化に歩み寄ってくれたと受け止めて、大人としてきちんと応えたいもの。この「ホットポット」の大人な活用法を考えてみましょう。 おでんと言えば、ダチョウ倶楽部の「おでん芸」。上島竜平が、熱そうなおでんを口ではなく頬などで受け止め、大げさに熱がるというものです。ミッキー型のこんにゃくを使って、これをやってみるのはどうでしょうか。もちろん、本当に熱い状態である必要はありません。いかに熱そうに見せるかが、この芸の真骨頂です。 東京ディズニーランドという場所で、ほどよく冷ましたおでんを大げさに熱がることによって、大人のお約束の大切さや素晴らしさを再認識できるはず。そうすれば、素直な気持ちで着ぐるみや張りぼてにウットリできて、せっかくの夢の国をさらに深く満喫できるに違いありません。日本の伝統的な食べ物に姿を変えているミッキーで、日本の伝統的な芸を楽しめば、アメリカ文化を制したような気分も味わえるでしょう。 自宅から太めの竹串を持参し、えーっと、ロールキャベツ、タマゴ、ミッキー型のコンニャクの順で突き刺し、「チビ太のおでん風」にしてみるのも一興。「ケケケ」と笑いながら食べれば、自分の手で日本文化とアメリカ文化を美しく融合させたような、赤塚不二夫先生とウォルト・ディズニーを握手させたような、そんな錯覚を抱けそうです。 好き勝手なことを書きましたが、心が広いことで知られるディズニー方面のみなさまは、こんなことで目くじらを立てたり文句を付けたりはしないと信じています。 さあ、寒くなるこの季節、家族や恋人や友だちと楽しくて愉快な東京ディズニーランドを訪れましょう。できればなるべく早く。おでんは急げ!
2012.12.01 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン